FC2ブログ

点滴の時間

2017.06.15.05:19

昨日は動物病院で点滴でした。
点滴の途中、ルルが獣医さんを噛もうとしました。
獣医さんはサッと避けたので空振りだったけど、
カプッ!と、ルルの口が鳴りました。

ルルが人を噛もうとしたのはこれが初めてです。

相当痛かったのでしょう。。
暴れたり吠えたりせず、ただカプッと噛み付く素振りを一度だけ見せて、それからまた落ち着いてくれましたが。。

昨日は動物病院がやけに混雑していて、鼻血を出している大型犬、見るからに何か重症そうな猫さん(しかも大暴れ)、不安と恐怖でキャンキャン鳴きっぱなしの犬がいて、気が立ってる雰囲気が満ちていました。

それでルルも神経質になっていたのかもしれません。
獣医師は、尿毒症による神経過敏症状かもしれないと言ってましたが…

いずれにしても、ルルにも病院全体にもゆとりがありませんでした。

悪条件が重なることもあるよね。。
こういうときこそ、慌てず騒がず落ち着いて対処できるよう、気を確かに持たなくては。

と、思いつつも、点滴の時間はいつも泣いてしまいます。
家でルルと2人きりのときは誰も見てないので遠慮なく泣いてますが、それが癖になってしまって、この頃は病院でも泣いてしまいます。

べつに悲しみのあまり感情的になっているわけではありません。

点滴は痛いはずなんですが、ルルが私を信頼して痛みに耐えてくれている。
そのルルからの無償の愛を受け取って感動して泣けるのです。
私に全幅の信頼を寄せて痛みに耐え、じっと動かず終わるまで待っていてくれる。
こんな健気なルルに、果たして私はきちんと応えているのだろうか?
涙無しには見ていられません。
毎日ルルの健気な心意気と、ルルとの絆を感じて感動します。

刺すときは泣かずにきちんと見てやってますよ。
生理食塩水を250ml入れます。
「背中から綺麗なお水を入れて、身体の中を綺麗にするよ。」
と説明すると「わかった」と目で言ってお座りしてくれます。
点滴がきちんと入って、ルルが落ち着いてから泣くことにしています。

(点滴中に自撮り)


(終わるまでの5分ぐらいは寝ていてくれる)
(針は見えてないが、背中に刺さっている)


犬って、本当に健気な動物ですね。





スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク