FC2ブログ

賢いルル!

2017.05.19.15:30

犬バカですが、ルルは賢いです。

昨日、夕方のんびり散歩をして帰宅、ルルの足を洗ってから毛布と輸液セットをスタンバイ。
手を洗いに行って戻ったら、ルルが輸液セットの下で待っていました。



私一人なので(バブは帰宅が遅いし、居ても役に立たない)、一人でも保定しやすい部屋の隅で輸液します。

私は右利きなので、右手に針を持ちます。
左手はルルの肩甲骨付近の皮膚を引っ張り上げます。
引っ張り上げた皮膚がテント状になったところに針を刺し、輸液開始です。
その間、ルルは逃げも暴れもせず、じっと我慢してくれています。
逃げ出そうと思えばいつでも逃げ出せるのに。

輸液落差が大きいので、250mlの輸液が10分程度で終わります。
でも、私とルルはちょっと緊張しています。
ルルの背中が凄い勢いで膨れてくるので。

4時間ほどで吸収されてしまいますが、250mlの水風船が身体に乗った状態で、しばらくタプタプしています。

昨日はルルの右肩にばかり水が溜まってしまい、終わった後は右脇腹だけがタプタプしていました。
終わった直後は右上半身が重くてちょっとフラついてましたが、私が素人だし、あんまり痛くないから大目に見てくれているようです。

点滴が下手くそなヤツだとルルから認定されてしまったら、賢いルルはそれを絶対忘れず、二度とさせてくれない気がするので、これ以上の失敗は許されません。
今のところ、過去に2回刺し直しています。
ルルのために早く上手くならなくては。

少し緊張しますが、私が緊張するとルルはもっと怖いだろうから、覚悟を決めて静かに、速やかに行います。
そのためにやる前は頭の中で手技の段取りを何度もイメトレしています。
そうしながらルルにも言葉で説明して、協力要請しています。

針を刺す瞬間も微動だにせず、じっと座っています。
痛いはずですが、耐えてくれているのでしょう。
本当に、ルルの冷静沈着な態度には、我が飼い犬ながら敬服します。
終わったら、興奮させない程度に褒めるのですが、そのときは本当に嬉しそうな顔をして尻尾を振って、耳を頭にペタンと寝かせて喜ぶのです。
一時的に嫌なことをされたとしても、必要があってしているのだと理解してくれています。

なんと、健気でいじらしい…(´;ω;`)
涙を流さずにはいられません。

。・゜・(ノД`)・゜・。

スポンサーサイト

comment

Secret

まさに

2017.05.20.20:21

テレパシーで会話してんだな~と、記事読んでいるとそう感じるよ。

うん。

2017.05.20.20:35

今日も「散歩の後点滴するよ」と言いながら歩いてたら、
散歩の後、自分から輸液セットの下に座ったよ。
なんと健気な…!
。・゜・(ノД`)・゜・。

今まで以上にルルと心がつながっているのを感じているよ。
病気は嬉しくないけど、ルルのおかけで豊かな時間を過ごせて
とてもありがたいと思ってる(о´∀`о)

心を

2017.05.20.22:57

飛ばしているんだな~と。

そうです

2017.05.20.23:16

一緒に飛んでるですよ
プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク