FC2ブログ

ルルの才能

2017.04.28.18:17

毎日ルルをカートに乗せて運んでいます。
私は楽しいです。
ルルも楽しそうです。

しょっちゅう人とすれ違ったり追い抜かれたりしています。
そのとき、人によって反応が違うのが面白いです。
ていうか、反応する人が意外と多いです。
犬がカートに乗っているのが珍しいのだろうと思います。

大抵は笑顔でルルを凝視しています。
特に、ベビーカーに乗っている子供や赤ん坊はよく反応します。
ベビーカーに乗るのを嫌がっている子供の近くを通りかかったときは、楽しそうに乗っているルルを見て「やっぱりボクも乗る!」と言い出し、その母親に感謝されたこともあります。

ほら、あのワンちゃんもベビーカーに乗っているよ!賢いね!
〇〇クンも、乗ろうね!

ウン!ボクも賢いから乗るよ!

という流れで、ルルはベビーカー使用者の模範となっているようです。

母親以外でも、若い人たちはルルを温かい目で見守ってくれています。
彼らが世の中の中心になったら、優しい世界になるだろうなと思います。

子育てを経験したことがあると思われる人たちや、飼い犬を見送った経験があると思われる人たちの目も、優しく温かいです。
妄想かもしれませんが、笑顔で視線を交わしたとき、無言の支援も一緒に受け取っている気がします。

ルルに向けられる瞳の優しく温かいことよ。
初対面の見ず知らずの人たちとすれ違うほんの一瞬で、ルルはその人たちの優しさをスッと引き出しています。
これはルルの才能でしょう。
ルルは人の目を見るのです。
私は毎日、ルルのおかげで人の笑顔ばかり見て過ごしています。
涙が出そうなほど、皆さんの目は優しいです。

ルルをカートに乗せて毎日病院に通うようになってからというもの、世界が一変しています。
ルルの健康は損なわれているけれど、別の星にいるのかと思うほどです。


一方で、私に敵意を向けてくる人も、少ないけれど存在します。
舌打ちしたり、嘲笑したり、いきなり説教し始めた人もいます。

あ、全員単独行動中の爺です。

やっぱり!!

◆いきなり上から目線で自分の教育論を語り出す
◆犬を甘やかし過ぎだと聞こえるように独り言を呟いて舌打ち
◆子供じゃなくて犬乗せてるなんて頭おかしいと言いながらニタニタ話しかけてくる

今までに話しかけてきた人が百人としたら、そのうちの一人か二人ぐらいの割合で、こんな基地外爺がいます。
ていうか、わざわざ話しかけてくる爺はこんなのばっか。

わざわざ話しかけてくる人で、爺い以外の人たちは漏れなく菩薩みたいな顔になり、「おお、ヨシヨシ♪」とルルを撫でたりします。

だから、ヒマそうにフラフラ歩いている爺いとは目を合わせないようにしてるし、姿を見かけても存在を消去して見なかったことにしています。
ヤツら、目が合ったらこっちに向かってくるけど、強い気持ちを持って存在を無視してたら来ません。
低級霊と似てますねw

桜が咲いていた頃は徘徊爺も大量発生してましたが、最近は爺いも減ってきてまして、毎日快適です♪

ルルはまだまだ、地球での仕事をバリバリやってます。
宇宙犬の手伝いができて幸せです(●´ω`●)


スポンサーサイト

comment

Secret

2017.04.28.20:07

笑った!

Re: w

2017.04.28.21:32

あれ、笑うところなんてあったっけ?
まあいいや。

笑った

2017.04.28.23:17

ここで↓

「強い気持ちを持って存在を無視してたら来ません。
低級霊と似てますねw」

スゴク分かりやすいw

Re: 笑った

2017.04.29.04:48

そ、そこか!
キリッとして書いた処だ(`・ω・´)

私はここで

2017.04.29.23:49

ヒマそうにフラフラ歩いている爺いとは目を合わせないようにしてるし、姿を見かけても存在を消去して見なかったことにしています。

Re: 私はここで

2017.04.29.23:54

そ、そうか…

人によって笑うポイントは違うんだなあ。
でも、徘徊爺に絡まれると面倒くさいというのは共通の認識のようで、少し安心しました。

確かに!

2017.05.03.23:45

あやにゃんさんのブログを読んでいるこの私も、
ルルくんの可愛く愛らしい姿に、
いつも温かく優しい気持ちになります。

ルルくん。ありがとう。(*^^*)

ありがとうです

2017.05.04.00:21

ぼくはとても素敵な容姿ですからね、
ぼくを見ただけで和むですよ!
地球人類がはにゅーととろけるです。
そしたら地球人類が良くなって、
地球も良くなるですよ!
プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク