FC2ブログ

礼を言われる夢

2017.04.15.03:24

集団生活をしている寮のような寄宿舎のようなところで働いている夢。
久しぶりに見た気がします。

ルルがウチに来た頃からたまに見ているシリーズ物の夢で、最初は全寮制の魔法学校に入学するところから始まり、4年間の学校生活、卒業試験を経てからは研修生としてあちこちで職業訓練を受け、その後は働いていました。
最後は少年たちが暮らす大きな家で身の回りの世話をする仕事をしていました。

かれこれ12年ほど、緩やかに続いている夢を見ています。


私は中学生ほどの年齢までの少年たちが暮らす寄宿学校で働いている。
私は中堅の職員で、勉強は教えず、少年たちの身の回りの世話をしている。

寮の居間には大テーブルがあり、宿題などは個室でやらずに居間の大テーブルで子供たちが並んでやっている。
そこの照明が暗いので、明るいものに付け替えて照明の位置を調整してみたら、勉強する大テーブルがとても明るくなった。
何のことはない、別の場所で使っていた照明と交換しただけ。
居間の照明は、見た目は素敵だが薄暗い古ぼけたランプだったので、勉強が捗るはずもなかったのだ。
施設長が見栄を張ってアンティークだか何だか分からないシロモノを使っていたのだ。
それを施設長の執務室にあった、明るい大きな照明と交換してやっただけ。
たまに居間の子供たちの様子を見にくる保護者や政府(?)の偉い人たちにさりげなくアンティークのインテリアを自慢していたようなのだが、子供たちからは古くて暗いランプはすこぶる不評だったのだ。






(画像はネットで拾ったイメージです)

雰囲気全然違うけどw 勉強が捗るほうが大事だし。

すると、普段は生意気な12歳ほどの悪ガキ3人組が「これなら宿題が捗る、ありがとう」と神妙な顔つきで礼を言うではないか。

君たちがそんな顔するなんて珍しいねw
だけど明るくなって良かったよ。宿題頑張りなよ。


3人はお互いに顔を見合わせて、私のことを心配していた。
そう言えば私は前の職場でも似たようなことをして解雇されたんだっけw
しかし笑い事ではない。
うまく立ち回らないと、子供たちのために施設長に逆らって動く者がいなくなってしまう。
私立の施設だから、施設長の気に入らなければ即解雇されてしまうのだ。

この施設は住み込みで働いているわけではないので、帰宅するため駅で電車を待っていた。
すると、五十がらみの女性がやってきて、私を探していたと言う。

私に何か御用ですか?
(また私は何かやらかしたんだろうか…)
(まずいな、何も覚えていない…)


すると女性は深々と頭を下げて言った。

「ロクブンです。おかげさまで娘の就職が決まりました」

何だかよく分からないが、おそらく前に解雇された施設にいた子の親なのだろう。

お嬢さんの就職が決まって良かったですね♪

会話が始まりそうなところで、ルルがピィピィ鼻を鳴らしながらやって来たのでガバッと起きてしまいました。


あっちの世界では、働き甲斐のある仕事をしているようです。
こっちも充実してるので、パラレル世界でも私の性格は同じみたいです。
どんな環境でも私は楽しみを見つけてそれなりにやれるんだなと分かりました。
自分の心が楽しくやってるようで良かった良かった。

それにしても、ロクブンて珍しい名前。
六分儀座のロクブンかな?
(六分儀というモノのことも知らないけど、六分儀座なら名前だけは知ってる)

スポンサーサイト

comment

Secret

No title

2017.04.15.15:09

続きものの夢を見ることも、ここまで文章化できる程、細部まで内容を覚えていることにも、毎回驚きです!
ロクブンという言葉に、なぜか?私は魂の兄弟を思い浮かべましたが(6分の1?みたいな…;)、星座があるのですね!

あやにゃんさんの夢の話、とても面白いです。
ところで…あやにゃんさんの夢はカラーですか???

夢はいつも

2017.04.15.16:47

カラーですよ。

そうか、六分の一のロクブンでもありますね。
本当はもっと濃い内容なのですが、文章化できるのがあれだけなんです。
早く記録しないと、どんどん忘れてしまいます。
現実と思ってしまうほどリアルなので、たまに目覚めた後自分が何者で何処に居るのかわからなくなります(怖

ロクブン

2017.04.15.17:36

魂の兄弟は6人で1組だよ。
魂の兄弟の一人では?

Re: ロクブン

2017.04.15.18:05

やはりそうか……
ロクブンとは、六分の一のロクブン。

シリーズの夢は魂の兄弟と深く関連してますね。
あの世の仕組みや魂の仕組みを知りたいものです。
知ってどうする?と言われると困るけど、知りたいw
プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク