FC2ブログ

手縫いの首輪とリード

2017.04.14.11:00

ルルに首輪とリードを新調しました。
今までのものでは大きくて重いからです。
さっき出来立てw



星の柄のポップな木綿のプリント生地に、刺し子糸を使ってステッチをかけています。
金具や留め具は前の首輪とリードのものをそのまま使いました。
彩雲さんに頂いたお守りと、滋賀県と京都のお寺のお守りは首輪に直接縫い付けました。
デザインが可愛いからw

キマってるですか? ダンディですか?


ルルの見た目は元気ですが、貧血が酷く、尿毒症で体も怠いようで食欲が無く、毎日体重が減り続けています。
尿が出なくなったら危ないと言われています。

最初、尿毒症状態での余命は数日~数週間と聞いていましたが、ルルは1ヶ月耐えてくれています。
尿毒症状態は全く改善していないので、これが残存腎機能の限界なのでしょう。
身体がどこまで耐えられるか、といったところです。
人間だと血液透析をするのですが、犬は普通はしません。
その代わり、毎日皮下輸液をして毒素を排泄できるよう対処療法をしています。
この皮下輸液の水分が排泄出来ず体細胞に溜まり出したら手詰まりです。

ついでだから、参考までに治療費のことも書いておきます。
・毎日の皮下輸液(生理食塩水とビタミンB1)
・週に一度の血液検査
・療養食(ドライフードや缶詰)
・内服薬(リン吸着剤)
これらを合わせて、この一ヶ月で25万円ほどです。

「月々50万円」を念じ続けていたおかげで、今のところ普通に生活出来ています。

ペットを最期まで面倒見るということは、金銭的な面でも覚悟が必要なのだということが理解出来ました。
愛情だけではダメです。

しかし、すべての原動力は愛情であることも事実だと思います。
愛情に基づいた具体的な行動が、肉体を持つ生き物としては欠かせません。
奇跡を待って神や仏や誰かに何とかしてもらうために祈るだけでは何にもならない。

お花畑の陶酔次元はとっくに卒業した、皆さんからの力強い元気玉がずっと届いているのを感じます。
おかげさまで、ルルは苦しそうな発作は無く、落ち着いています。
散歩を喜ぶし、病院で点滴が終わったら褒められてはしゃぐし、それ以外ではスヤスヤとよく眠って過ごしています。
底無しに明るい犬です。

応援して下さってありがとうございます。

こちらは昨日の病院帰りに撮影。


スポンサーサイト

comment

Secret

ルルさん

2017.04.14.17:34

ダンディです!すごく似合っています。

英国紳士はさりげないところでおしゃれを感じさせてくれる、お手本です。

最後の写真、すごく素敵です!

とってもとってもお似合いよー!

2017.04.14.20:19

首輪、とっても軽そうで付け心地がとっても良さそうねー!
首輪をつけた姿、キマりまくってるー! 素敵ー!

いつものようにダンディよー!
いつもいつもダンディよーー!

ありがとうです!

2017.04.14.21:23

でりあさん、黒猫さん、ありがとうです。
似合ってるですか?

これは軽くて着け心地も良い具合ですよ。
病院でも新しい首輪を褒められたです。
プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク