FC2ブログ

エゲレスのトンデモドラマ

2017.04.02.03:17

Netflixでエゲレスのドラマ「ドクター・フー」を観ています。

時空を旅する「ドクター」が地球に降りかかる悪と戦う話なんですが、これが実にトンデモで。
エゲレスでは人気長寿ドラマらしいのですが、今ウチで観てるのは2005年に放送されたものです。

その内容が、毎回真実かと思ってしまう。
昨夜観たのは、地球の先住民であるレプティリアンの話。

かつて地上で生活し、類人猿狩をして楽しんでいたレプティリアンたちは、核戦争から逃れるため地底深くに都市を築き、冬眠技術で何万年もの眠りに就いた。
その間に人類は類人猿から人間に進化しており、地上は人間で埋め尽くされていた。

ある日、人間による地底調査のための掘削作業中、偶々レプティリアンの酸素供給設備を破壊してしまう。
それを地上からの攻撃と見做したレプティリアンの軍部は、かつての住処を人間から取り戻すため、人類に戦争を仕掛けようとする。

あわや、地上は攻撃され、再びレプティリアンに人類が狩られそうになるも、レプティリアンにも人間らしい良心のある指導者がいて、軍部の暴走を抑止。
レプティリアンは再び1000年の冬眠に入る代わりに、人類は1000年の間にレプティリアンと共生する準備をし、1000年後に目覚めたときは地上で共生することを約束し、地球の平和は守られた。
めでたしめでたし。

これ、本当に有りそうだと思ってしまった。
もう目覚めてるんだよーんw
という、レプティリアンからのメッセージかなと…


スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク