爺さんになったルルが教えてくれたこと

2017.03.16.08:09

以前から徐々にルルの老化は感じていたのですが、今月に入ってから突然爺さんになりました。
12歳って、老犬なんですね。

ガツガツ食べると吐くのです。
水も一気にたくさん飲むと、前に食べたものと一緒にすべて吐いてしまします。
子犬の時から早食い王なので、空気も一緒に大量に飲み込んでしまい、それで苦しくなって吐いているのです。
食後はお腹がパンパンに膨れ、お腹を軽く叩くと、ガスが溜まっているのでポンポンとよく響きます。
若犬の頃は苦しくなるとヒンヒンいなないていました。
食べ物を丸呑みして吐いたこともしょっちゅうでした。
食べ物ではないものを飲み込んで手術したこともあります。

早食いは良くないと分かっていたのですが、それをどう犬に分からせたら良いのか分かりませんでした。

今は早食いすると、げんなりとして吐き戻します。
吐きたくて吐けないときは本当につらそうです。

「ドッグフードを食べると気持ち悪くなる」と学習したのか、大好きだったドッグフードには見向きもしなくなり、食べないものだからみるみるうちに痩せてきています。
ここ3日ほど、マトモに食べていないのです。

一気に食べさせないで、ゆっくり食べさせてください。

と言われてもねぇ……(´-ω-`)

ドッグフードは食べなくなってしまったが、何か食べさせないと本格的に体力が低下してしまう。
そこで、一気食いを回避し、胃腸の負担を軽減する策として、手作り食を始めてみました。
ルルは以前から魚や豆腐が好きなので、当面の蛋白源は魚と豆腐にします。
かつおの刺身を水煮にして細かく刻み、木綿豆腐と共に人肌程度の温いおじや風にしてみました。

床にお皿を置くのもやめて、私が床に座ってお皿を手に持ってあげることにしました。
これで食べている様子も観察できます。
吐くことが怖いのか、ルルもかなり慎重に食べてくれるようになりました。
食後に水を一気飲みしなければ吐くこともなくなりました。
でも、油断すると水をがぶ飲みして空気も一緒に飲んで、吐いています。
喉が渇いて気の毒だけど、水は一旦引き上げました。
吐くと消耗するし脱水が進むので、水分の多いおじや、すりおろしりんごに微温湯を混ぜたものを少しずつあげて水分補給を試みています。

口腔ケアも小まめにしないと、ルルの口が生ゴミの臭いになります。
すごく臭い・・・Σ(゚д゚lll)

犬の体内時計は人間よりもうんと速いスピードで進んでいるのを実感します。


友人が17歳の犬を飼っています。
ルルと同じ種類の犬で、オスです。

彼は子犬の頃からアレルギーがひどく、虚弱体質でした。
市販のフードを受け付けなかったので、昔から手作りです。
なんと、友人の家には犬専用の冷凍庫があり、アレルギー対策として様々な肉や魚が小分けにして冷凍してありました。
友人一家はファストフードやインスタント食品を食べても、犬には毎日特製おじやを作っているのです。
ルルがまだ子犬の頃、ルルはドッグフードを喜んで食べ、大した病気もせず元気だったので、(可哀想だな)と思っていました。

今、ルルが好きなものを好きなだけ食べられなくなって思うのです。
あのとき友人と友人の犬を可哀想だと思ったのは傲慢だったな、と。
そこには(ウチのルルは元気で良かった)(私じゃなくて良かった)という気持ちが入っていたように思うのです。
しかも、近所の食が細い犬たちが相次いで早死にしていたので、(食べられない子は生命力が弱いのかもしれない。良かった、ルルは強い犬なのだ)と思っていたのです。
友人の大切なペットのことを(生まれつき生命力が弱い可哀想な犬だ)とか思っていたのです。

当時の私をブン殴りに行きたいです。
アレルギー体質だから何?
食が細いから何?と。
野生動物ならともかく、ペットなのに。
アホかと、バカかと。

10年経ち、今の私とルルは、当時の私が哀れんでいたような状態になりました。
しかし、ルルは以前にも増して可愛いし、ルルのペースで生きているし、体の変化に合わせてその都度工夫して対応すれば良いだけだと思っています。
吐いても「ありゃ、出ちゃったか」で悲愴感ゼロ。
吐くとラクになるからか、ルルもスッキリした顔をしています。
そういうことが、12年ルルと過ごしているうちに分かってきました。


ルルが好きなものを好きなだけ食べられなくなったのは気の毒だけど、私だって、衣をつけて油で揚げたものを食べたら吐いてます。
たまに食べたくなるので少しは食べますが、大抵気持ち悪くなり、最悪吐きます。
でもべつに可哀想でもなくて、こういう体質なんだからしょうがないんです。

10年前は、こんなことすら分からなかった。
自分で思う「ベストな状態」に当てはまらないモノゴトをことごとく可哀想だと認定し、一方的に憐れんだりしていたのです。
あーーー、私のバカアホマヌケ!

友人の犬はもうすぐ18歳の長寿犬になります。
心の底から反省し、長寿をお祝いしています。


スポンサーサイト

comment

Secret

ルルさん

2017.03.16.10:29

犬も人間と同じように年を取るということを忘れがちです。
出来なくなったら寄り添って解決していく、これしかないですね。

例え解決しきれなくても飼い主が寄り添って考えてくれると犬は安心する、とアニマルコミュニケーターが言ってました。

よく食べるから、何でも食べるから、病院にほとんどかからない犬ばかりだったので安心していました。いや、慢心。

介護が必要になった兄の犬を(不憫)と感じていました。

私も自分をぶん殴りに行きたいです。

Re: ルルさん

2017.03.16.10:57

ルルは何でもよく食べるから老化などしない
と、私とバブは無意識のうちに思い込んでいたようです。
身にしみて分かりました。
みんな年をとるけど、体の状態に個体差があるのだから、柔軟に合わせていくだけですね。

今日のルルさんは日向ぼっこをして落ち着いています。

ルル兄さん…

2017.03.16.11:29

勉強させていただきます、あなたの生き様を。
という気持ちと私も自分をぶん殴りに行きたいです。
(特に(可哀想だな)のくだり。昨日の私の思いを
そのままそっくり、いやそれ以上に文章化されている
記事を読んで「み、見られてる!(汗)」と焦りました。)

ウチのコーギーも10歳になり少し目の調子が悪く
先週あたりには嘔吐下痢かと思うような症状に。
とりあえずやりきったらスッキリしてましたが、私は
まだまだアワアワしていて情けないです。
そういう私に愛犬も「こうなるのは自然な事ですから
覚悟を決めなさい」と不調をみせてくれているのでしょうね。
でりあさんのコメントも参考になりました。ありがとうございます。

Re: ルル兄さん…

2017.03.16.13:08

本当に、アワアワしてしまいますよね。
私も最初はどうなることかと心配しました。

ルルはいろいろなことをペースダウンしながら
体の変化に対応しているようです。
私もしっかりしなくては。

犬と暮らしている方の意見は、どんなものでも参考になります。
ありがとうございます。

悟るには

2017.03.16.18:05

時間が掛かるね。
10年なんて短い方です。

Re: 悟るには

2017.03.16.18:30

この件ではルルが教えてくれました。

他では、多々やらかしてると思います。
が、自覚できず。
思考の落とし穴から抜け出せていません。
試しに自分で思う当たり前を疑ってみます。

No title

2017.03.18.11:57

こんにちは。
以前エジプトのお土産の事でとてもお世話になった者です。

記事を読ませていただきました。
水もフードも少しずつお皿に入れてもうまくいかないのでしょうか。
「ちょこちょこ食べ」を犬にしてもらうということです。

水は少量をあちこちに置くのはどうでしょうか。

もういろいろと試行錯誤なさったあとなのでしたらごめんなさい。

碧玉さま

2017.03.18.15:48

アドバイスありがとうございます。
ちょこちょこ食べ、してくれたらいいなあと思っています。

食いしん坊の早食い王だったルルが、食べ物に見向きもせず、おじやにも好物にも見向きもしません。
きっと、吐き気がしてつらいのだろうと思います。
お水は少しずつ飲んでくれています。

あたたかいメッセージをありがとうございます。
がんばります。
プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク