FC2ブログ

バブの三者面談

2017.03.02.08:11

バブは浮かない顔で出かけました。

今日、会社で三者面談あんねん…(´・ω・`)

何のことかと聞いてみたら、会社では年に一度、一般教養のテストがあるらしい。
それで、バブの部下が下から1位と2位になったそうだ。
研修に来ている日本語のたどたどしいインドネシア人たちよりも成績が悪い。
それで昨日バブは上司から呼び出しを喰らい、「部下に甘過ぎる」とこっぴどく怒られたそうだ。

しかしバブは食い下がりました。
バブと合わせたら1位なはずだ。だってバブがトップだもん!
すると上司は答えて曰く。
バブよ、現実を見ろ。もうカバーし切れてないんだ。
ヤツらは4点と14点。いくらバブが100点でも、無理だ。


どういうテストかというと、会社でやってる仕事の基礎となる算数。
「三角柱の体積を求めよ」とか「円錐の体積を求めよ」とか「球の表面積を求めよ」とか。

車の内装を作っている会社なので、体積や表面積の計算が必要なのです。
と言っても、実際はコンピュータが自動計算してくれますが、「何故この数字なのか」「どう計算してこの数値を出したか」という基本の仕組みは理解しておいた方が良いということらしい。

あとは、漢字の読み書き。
メールや文書の書き方を統一して効率化を図りたいが、その基礎となる国語力がまるでダメなんだとさ。
「拝啓・敬具」の関係とか、時候の挨拶とか昔ながらの仕来りは省略の方向に来てるようで、こういう無駄なことはしてません。

「これから新たにこういう材料でこういうモノを作りたいからそれに合うサンプルをいくつか送って下さい」という感じのメールが書けないので、仕事にならないのだそうです。

アマゾンアプリでポチッとする買い物しかした事が無く、名前さえ書ければ入れる大学で遊んでた若者が多いから、会社で最初にやることは算数や国語の勉強会なのだそうです。

本人だけでは済みません。
親からの電話もあるそうです。
「今日はお腹が痛いと言ってるので休ませます。てかあなた、ウチの子に無理させてんじゃないでしょうね?!」
とか
「ウチのムチュコたんは優秀なのに給料が安すぎる!」
とか。

だったらもっと給料の良い他の会社に行って下さい。なんでお前のバカ息子を再教育してやって給料まで払わなアカンねん。ここは学校ちゃうぞ、ボケ

と言うとパワハラだとか言われて余計に拗れるから、バブはクレーム対応から外されてます。
(てことは、前にやらかしたことがあるのかねw)

本来の業務に支障が出そうだし、さすがに庇いきれないかもしれないなーと言いながら出て行きました。
成績は最下位とブービーを独占したバブの部下たちですが、バブは2人をとても可愛がって信頼しています。
どうやって庇ってやろうか考えているのでしょう。
庇うのも良いが、鍛えてやれよと思うけど。
アワ男のバブには、鍛えるよりも庇うほうがラクなのかな。

スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク