FC2ブログ

自分自身が仕掛けてくる罠

2017.02.25.00:32

さっきの記事の続き。

公共のお金のことなので、私一人で内々に処理せずに、私以外の役員4人にもメールで意見を求めました。
公金横領の嫌疑を掛けられるのが嫌だという自己保身欲です。
日頃は食欲以外あまり欲を自覚出来ていませんが、自己保身欲はたまにこうして自覚できます。

それに、規約を変更していない間は、遺族の方が受け取るはずのお金を規約通りに渡すのが筋です。
香典という慣例に対する私個人の好みや思想は横に置いておきます。

で、アンケートメール。
会計のあやにゃんです。
実は、香典を間違って1万円しか渡していませんでした。
自治会の規約では香典は2万円となっています。
私は以下の対応を思いついたのですが、ご意見お聞かせください。
ちなみに私自身は①です。
宜しくお願いします。

①1万円追加でお渡しし、お詫びする。
②このまま黙っておく。
③自治会の規約を変更するために住民投票を行う。
④その他、お知恵を貸してください。


結果…
①は3名。
②は1名。
③と④は0。

③の規約変更は面倒だからやりたくないという意見がありました。
②はあり得ないとのお叱りも受けました。
(②と回答した役員が居たことは黙っていよう…)

というわけで、①を採用して、私一人でお詫びに回ることにしました。


私のような間抜けと一緒に仕事をさせられた他のマトモな役員さんたちは気の毒です。
しょっちゅうこんなことをやらかし、周りの人たちに忍耐と寛容を強いている私がどんなカルマを発生させているのか考えると、空恐ろしくなります。
向上を急いだ方が良いんですが、なかなか遅々として進みません。

「あーあ、まだまだだな」と思われるようなことでもここに書いておくのは、今の私がどんな状態か知ってもらうためです。

今のところ、実際に会える人で私に苦言を呈してくれる人が一人も居ないのです。
それどころか「変わる必要が無い、何でもうまくやってる」と言う人しかいません。

私はもっと向上したいし、うまくやってるとは到底思えない。
「これで良い」と慢心し、油断してしまわないよう、このブログを保険にしています。

しかし、読んでくださっている人たちにも忍耐と寛容を強いているので、またカルマが増大しそうです。
かと言って何もせずにいるのは違うので、カルマを発生させても、やはり書いてしまいます。
しかし、書くことが習慣になってしまうと「こうして書いてるから大丈夫」と思ってしまうかもしれません。

何重にも自分の意識をチェックしないとあっという間に堕ちそうです。
自分自身が仕掛けてくる巧妙な落とし穴に気をつけなくては。
難しくてスリル満点…なのか?…( ;∀;)



スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク