FC2ブログ

多数派の真ん中

2017.02.23.07:34

昨日、義母は多数派の真ん中で安心していたい人だと書きました。

普通であること、みんなと同じであること、昔からみんながやっていることを自分もやっていると安心します。
それでいて多数派の先端に居たいという欲もあり、テレビや雑誌で取り上げられたような「話題の〇〇」が大好きで、テレビを見てはいつも右往左往しています。
何も考えていませんが、けっこう楽しそうに見えます。


一方、私の母は多数派の逆に居たい人です。
多数派をバカにして見下しています。
普通であること、みんなと同じであること、昔からみんながやっていることを自分もやるのはプライドが許しません。
常に多数派を敵視し続けていて、その逆で目立ち続けたい欲が原動力です。

何か一貫性のある自分なりの考えがありそうに見える自分が大好きですが、実際は何も考えていません。
みんなと違う自分がカッコ良くて好きなだけなので、常に多数派を気にして、わざわざ逆へと右往左往します。
口では「みんなと同じは嫌、みんななど関係無い」と言いながら、みんなの動向を誰よりも気にして過ごしているのです。
しかも、気にしていない素振りを見せているし、多数派を意識しているなどと、母自身は思いもよらないのです。

私が幼稚園児の頃に母の矛盾が見えて、しかし幼過ぎて母に太刀打ち出来ず、うまく表現することも出来ず、母の相反する心の状態が私の顔に現れることになりました。
私の顔の右半分(左だったかも)が完全に麻痺してしまうという分かりやすい形で現れましたが、残念ながら母には全く伝わりませんでした。


義母と母、常に多数派を意識し続けているだけで自分では何も考えていません。
多数派の真ん中に行くか、その逆に行くかの違いだけで、同じ世界を右往左往しています。

義母は67歳、母は58歳です。
年齢もタイプも全く違う人たちですが、多数派の真ん中とその真逆で常にバランスを取り合って揺れているように見えます。
大衆の動向を見て自分の方向を決めるので、何も考えていないという点では全く同じです。
自分の反対側にいる人のことを、義母は恐れながら気の毒がり、母はバカにして見下しています。

義母と母には他にも共通点があります。
それは、二人ともテレビによく出ていた糸田木●子が大好きだったということ。
今はどうだか知らないので過去形にしましたが、今も有名な占い師の言うことを気にして生きていると思います。
自分で考えられないので、権威に委ねて安心したいのです。
それも意図的に大衆を扇動するために作られた権威です。

二人ともこの世の仕組みの中にどっぷりと浸かり、いつも必死でコロコロと動き回っています。
意識の有り様は同等です。
多数派(か、その真逆)の中でも目立ちたいのです。

どちらも周囲からは「イキイキしている」「活動的な人」と見られているようで、そんな他人からの評判も嬉しいみたいです。
母には会ってませんが、仲の良い従姉妹からたまに動向について情報が入るのでそこから判断しています。

楽しそうでなによりですが、私とは住む世界が違いすぎます。
お互いの幸せのために、一生関わり合いにならずに生きたいです。



スポンサーサイト

comment

Secret

うちの

2017.02.23.08:19

義母も糸田木センセイの信者ですわ。
「納豆にネギを沢山入れて食べるといいんだって!」と、実行していた。私にもその有り難い教えを教えてくれたな~

あやにゃんさんの義母と母は9歳違いなので九星気学という占いでは「同じ」になるよ。共通点が有ったねw

Re: うちの

2017.02.23.10:47

9歳で一回りなのか。
だったら私も「同じ」になっちゃうなあw

だから母は余計に私を自分と同一視していたんですな。
なるほど、一つ謎が解けました。
ありがとうございます。
プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク