FC2ブログ

鬱陶しいお母さん

2017.02.12.10:14

お茶菓子で悩む友人は、人当たりが良く、面倒見も良く、快活で、話題もそれなりに豊富で、友達が多く、お洒落に気を遣い、楽しそうだし、いつも忙しそうです。

私は、人当たり悪くしているつもりはないが、私を嫌ったり怖がったり、侮ったりバカにする人もいます。
話題は偏っているというか話すこと自体が苦手で、誰かが居ても平気で黙って過ごしています。
友達は少数精鋭ですが皆遠方に住んでいるのでいつも一人です。
お洒落に疎く、興味も無く、独自路線。
ほぼ何もせず日々を無為に過ごし、かと言ってテレビや新聞も見ず、食べて寝て犬と遊んでダラダラ暮らしています。

お茶菓子とは正反対のタイプと言ってもいい。
お茶菓子で悩む友人と書くのが面倒になってきたから、お茶菓子でいいや)

お茶菓子さんは、色々な人を見るのが面白いそうだ。
私も観察の対象なのだろう。

一時期、お茶菓子さんは私に「一般常識」を教え込もうとして色々な人に引き合わしてくれましたが、私が行く先々でことごとく嫌われるので、さすがにやめたようです。

それに、私が一般常識を知らない無垢な心では無いことも分かってきたようです。
私も一般常識は最低限ですが頭に入っています。
ただ、それを知りつつ無視しているだけ。

お茶菓子さんは誰に対しても「お母さん」をやってしまうようです。
私に対しても、「親に恵まれなかった気の毒な人に温かい思いをさせてあげたい」という動機で近付いたようです。
(奉仕者かな?)

それはとんでもない間違いだと言ったら聞き入れましたが、理解しているかどうかはまだ不明。
とりあえず保留にして経過観察しています。
寂しいからといって、自分の子供の代わりを他人にさせてないよね?

お茶菓子さんは、独立した子供たちと音信普通になっているそうだ。
当たり前だと思う。

他人に対しても鬱陶しいほど世話を焼きたがるのだから、子供に対してはどれほど鬱陶しいか…
マトモな感覚ならば鬱陶しいと思うだろう。
よかった、子供さんたちがマトモで…

必要以上に世話を焼きたがるというのも、支配の一形態なんですね。
お茶菓子さんが早く気がついてラクになってくれたらいいな。
せっかく楽しい人なんだから、もったいない。

スポンサーサイト

comment

Secret

良かった~

2017.02.12.13:35

お茶菓子のような人が私の周囲に居なくて。
実に面倒臭い。
そういう人は奉仕者か聖職者かな。

Re: 良かった~

2017.02.12.13:55

お茶菓子さんは面倒くさい人です。
基本的には奉仕者っぽいのですが、
人を集めたがり、グループを作るのが好きなので
聖職者のようにも思えます。

私は集団を乱すので、私と会うときは一対一が多い。
私の身近では珍しいタイプなので観察の対象です。
(時々学者っぽい職人より)

若い頃

2017.02.12.14:19

目上の方に気に入られて、何度かその方の自宅で食事に招かれることがありました。
私は胃袋が大きめなので、嫌いなものを残すと若干物足りないので常に完食するのですが、嫌いなものは前半に片づけてしまう傾向があります。
その方の奥様は好きなものを先に食べる人で、私がその嫌いなものを好きだと誤解していたようです。
ある日、『実は・・・』ということで、その食材が苦手なことを目上の方にカミングアウトしたら、後日奥様から『気付かなくてごめんね』と言われましたが、その時に『嫌いなものを毎回出させるという事を、自分がさせてしまっていたのだ』などと思ったことがありました。

残さず頂くのも礼儀かもしれませんが、口に合わなければさりげなく相手を傷つけない形で意思表示をするのも礼儀なんだろうと思います。

そんなことを思い出しました。

Re: 若い頃

2017.02.12.15:38

私は「残さず頂くのが礼儀であり、正しいことである」と教育されてきましたが、後で吐き散らかすことが正しいとは思えず、大人になってから自己責任で残すなり、やんわりと告げるようにした次第です。
たとえそれがホスト側が心を込め手間暇かけた手料理であったとしても。
長所や好ましく思えるところも素直に表明してチャラにしようと努力もします。

お茶菓子さんは、相手が外国人ならどうするのかな?
ちょっと興味が湧いてきた。
私の手料理は外国人から容赦無くコテンパに貶されることもあるのでw

そういうお茶菓子は

2017.02.12.17:00

外人や他県人とは付き合えないのではないか。
自分の常識の範囲内でしか付き合えないだろうなあ。
あくまでも、その常識は自分だけの常識であることを悟らないとね。
しかし、それが一番難しいだろう。そしてそういう人が日本には
最も多いのではないか?

Re: そういうお茶菓子は

2017.02.12.17:52

そう言えば、お茶菓子さんは他県で暮らしたことが無いと聞いたことがあります。
みんなと同じだと安心なのでしょう。
ずっと同じ土地、仲間、習慣。
義両親も義妹も全く同じだということに今更ながら気がつきました。

自分の常識が通用しない相手を
・怖がる
・攻撃する
・バカにする
・黙殺する
・ご機嫌を取り、懐柔しようとする

そのまま認めるという選択肢は、まだ見たこと無いですね。
興味深い。

プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク