FC2ブログ

仕事の夢

2017.01.20.12:51

また別世界の仕事をしてた。
宇宙警察のような陰陽師のような、SFでよくある下っ端の仕事。

いわゆる超能力が割と普通にある世界。
10年近くゆるやかに続いているもう一つの人生。

今度は魔法学校の元指導教官の依頼。
娘さんが何かの競技会で準優勝したのだけど、殺害予告だか誘拐予告があったので、彼女を警護するという仕事。

先生の方が強いんだから、私たちに頼むまでもないでしょう?

と言ったら、鬼教官は力なく笑って言った。

いや、是非君たちの力を借りたい。

で、背格好が似てる私が娘さんの影武者に任命されてしまった。
娘さんがやってる競技というのが難しい。
馬上で左肩と腕に一体化させた武器とも楽器ともつかない大きなラッパのようなものを操り、音で敵を動けなくしたり攻撃をかわしたりするようなもの。
音を出すのは精神の力を使うので、心が乱れると音も乱れる。
音は割とすぐにクリア出来たものの、馬術が難しい。

競技会で準優勝するような人の影武者になるなんて、無理だし!
でも鬼の特訓をされ、満身創痍で風呂に入ったら、
それなりに似てたのか、風呂場ごと誘拐されてしまった。

ちょっと!!こっちは尻丸出しだっつーの!!
卑怯者ーーっ!!


とりあえず濡れたままで傾いて浮いてる風呂場の中で服を着て、飛んで脱出。
仲間が飛んできてて、これから空中戦になるのか?

というところで目が覚めた。

マンガとか描くの上手い人だったら、
この夢シリーズを面白おかしくSF作品に出来そうなのになあ。
私が関わるとシリアスにならないけど。

あっちの世界の私は、楽しく肉体労働してるようです。
こっちの私は運動関係まったくダメなんですが、
多分あっちの私の身体能力のために、こっちの私のを分けてあげたんだ。
そういうことにしておこうっと。





スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク