FC2ブログ

今日からバブの冬休み

2016.12.29.09:28

バブの冬休みに合わせて、来日中のエジプト人が来ます。
ルクソールで知り合ったとき、彼はまだ学生さんでした。
6年前に知り合ったのかな?
あれ、もっと前だっけ? ちょっと忘れました。

名前は、モハマド・アハマド・モハンマド・…何だっけ?
長い名前なのでフルネームは忘れました。
あだ名は「ミド君」です。


ナイル川を渡るフェリーに乗ってるとき、ミド君に話しかけられたのです。
たどたどしい日本語で。
普通は怪しいから話半分に聞いて、とっととサヨナラするんだけど、ミド君は真摯で誠実な目をしていたし、話ぶりが真剣で真面目だったので、こちらも真剣に学校のこととか聞いてるうちに仲良くなりました。

ミド君は一番儲かる仕事と言われる日本語ガイドになりたくて日本語を学んでいました。
それは、親と弟妹たちを養うため。
エジプトの長男は大変なんです。

ミド君の家族はツタンカーメンの墓を発見した考古学者、ハワード・カーターの家の近くにあり、先祖代々住んでいます。
つまり、王家の谷のすぐ近くなので、カーターの方が後に来て有名になった。
ミド君の先祖は盗掘者だったのかもしれないw

それはさておき、日本語を学びたいから友達になりたいと。
私とバブも、ルクソールに友達がいると便利です。
利害が一致したので友達になりました。
それ以前に、お互い何となく気に入ったからなんですが。

ところが、アラブの春の後、観光客が激減。
日本人観光客も激減しました。
ミド君は日本語ガイドになるのを諦め、日本語講師になりました。
講師になってすぐ、2年間の兵役がありました。
兵役が終わってから結婚して、職場の推薦を受けて日本への半年の留学が決まりました。
今は新婚の新妻をエジプトに残して、関東にある日本語交流センターで寮生活です。

この寮生活ですが、日本国に於ける就労禁止、政治活動禁止など、色々と規定があります。
一つでも違反すると、バブが強制送還の費用を全額負担することになってます。

ルクソール滞在中の、ミド君が学生時代の素行を見て、ミド君が違法行為をしない人だと思ったから身元引受人になったのですが、変わってなくて良かった~

つまりお金に困ってる学生なので、東京から京都までの新幹線の切符を寮に送りました。
事前に寮に電話して、書留で。
私は寮の窓口とか全く信用してないので。
(私が学生寮で過ごしていた時、手癖の悪い寮生が居て、荷物が無くなったことがあった)

切符は無事に本人が受け取ったようで、もうすぐミド君が関西に来ます(o^^o)
会うのは何年かぶりですが、楽しみです。


お正月はランデル兄夫婦と一緒に京都の神社に初詣に行く計画です。
毎年の恒例行事なんですが、ヤツはまた二日酔いで遅刻して来るかもしれない。
しかしそんなことはどうでもいい。

初詣は自分たちの楽しみでもありますが、子供のためです。
近くに親戚が居ないエゲレス人と日本人の夫婦なので、彼らの子供は誰からも「お年玉」を貰えません。
なので、私たちが毎年お年玉をあげているのです。
これは父親であるランデル兄に頼まれてやってますw
そして私たちは昼食をご馳走になる。
これぞ、持ちつ持たれつw

子供にしてみれば、日本人夫婦と神社に行って、お年玉を貰って、屋台で好きな物を一つだけ買ってもらえるという、お祭りみたいな日です。
日本のお正月の当たり前のことを体験していく中で、イギリス人でもあるが日本人でもある自己を確立していって欲しいなと思います。

今年はここに親日家のエジプト人も加わるので、日本のお正月を一緒に体験してもらいたいなと思います。
そして立派な親日家として国に帰り、エジプトの地で新たな親日家を育ててくれたらいいな。
平和ボケしてる日本人観光客を守ってあげてーw

あ、ということは、お年玉を二つ用意しなくては…

バブよ、年明けもしっかり働いて稼いでおくれよ。
だから今はまず休み、英気と体力を養うのだ!
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク