FC2ブログ

エンパス?

2015.09.04.06:59

ここ数日の私は
「もう時間が無い、ぼんやりしてられない」
と、少し焦りを感じていました。
何故だろうと不思議に思っていましたが、
原因と思われることが判明しました。

唯一交流のある私の血縁者、
一回り年下の従姉妹が、
結婚することになったとメールしてきました。

彼氏の妹さんが子供の頃から病気で、
もう最後の退院かもしれないという余命宣告を受け、
「妹が生きている間に結婚式をしたい」という
とても強い要望が彼氏側からあったのだそうです。

ところが、そこで私の母親が猛反対。
従姉妹にとって、私の母親は伯母になるわけですが、
私の母親は、
「自分が母親の立場やったら、なんで今挙げるのって思うわ」
などなど、いろいろ従姉妹を責め立てたそうな。
それで落ち込んで悩んでたとメールに書いてありました。
(従姉妹自身の両親は反対していない模様。)

この女は……
昔から子供のすることに反対しかしてこなかった女です。
賛成するのは、子供が何かを諦めるときだけ。
そういう女なのです。
私も弟も見放して縁を切った女ですぜ。
そんな女の言うことを真に受けて凹まないよう、
従姉妹に助言しておきました。

そして、私がここ数日感じていた、
得体の知れない焦燥感は、
従姉妹の気持ちが私に向いていたことで
私が彼女の気持ちを感受していたのかもしれないと思いました。


結婚式は自分たちのためにすることです。
ただ、そのタイミングを時間の限られている彼氏の妹さんに合わせるだけ。
何のために、誰のために、それをすることでどうなるか?
自分自身できちんと考えて、
彼氏とご両親とコミュニケーションを密にして、
良いお式になるといいね!

私からはこのように返信をして、
激励の言葉としました。

従姉妹は、何か困ったとき、
心がしんどくなったとき、
私に会いたくなるのだそうな。
近々会えるといいなと思います。


それにしても、だ。
私の母親の猛毒ぶりは相変わらずでしたな。


スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク