FC2ブログ

心雑音があったです

2016.11.09.14:01

ぼく、お散歩のときに大好きなワンちゃんに会ったです。
それでぼくとても興奮して、嬉しくなって全力疾走したです。
そしたら、足から力が抜けて、立てなくなったです。
ぼくびっくりして不安になったです。
母ちゃんが抱っこしてくれたら落ち着いたです。

それから今度はライバル犬にも会ったです。
ぼく勇ましく吠えたです。
それでまた興奮して全力疾走したです。
そしたらまた腰が抜けてへたり込んでしまったです。
ぼく、どうなってるですか?


それで動物病院に行ってきたですよ。
そしたらぼく、心雑音があったです。
ぼく犬だから難しいことは分かりませんよ。
獣医さんの話を母ちゃんが説明してくれるです。


加齢によるものと思われる弁の閉鎖不全でほぼ間違い無く、
過度の興奮が発作を誘引した思われます。
だいたい8歳過ぎると弁の閉鎖不全が現れる犬が増えます。
心電図、心エコー、胸部レントゲン、血液検査をすれば
とりあえず何処がどの程度悪いのか分かります。
しかし心不全の薬を飲むぐらいしか対策がありません。


それならば、検査で無駄な負担をルルに強いるよりも、
発作の誘因となる過度の興奮を避ける生活を送りながら
このまま様子を見ることにしました。
てか、それ以外にやりようがない。

具体的な対処法としては、
ライバル犬や大好きな犬が来たら抱き上げて暴れさせない、
遊びなどで全力疾走させない、
過度の興奮を避ける。

とは言うものの、ルルは興奮しやすい性格なので、
まずそこを何とかしないと難しいのですが、
犬に性格変えろと言うのは無理な相談です。
いきなりご隠居さんとして落ち着けと言われてもねえ。。

そこで、ご隠居なのだと見知らぬ人からも分かりやすいよう
見た目で工夫しようと考えています。
着物を着てゆっくり歩くとかw
では、ルルさんに原稿をお返しします。


ぼくの体の中で何が起きているかはよく分からないですが
ぼくはこれからも楽しく過ごすことに変わりはありませんよ。

あとね、ぼくのカートに乗って、ゆっくり歩ける所に行って
またカートに乗って帰るのもいいですよ。



ではまたね!
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク