FC2ブログ

父の魂の役割を予測してみる

2016.11.07.11:35

昨日私は朝と夜に、マンションの役員会に出ました。

クッソ面倒くせえ!!と思いながらも頭では、
嫌々やるのもなんだ、どうせなら楽しくやろう。
と、思い直し、周囲の若者の士気を上げつつ
自分も楽しくやれる方策を考えてました。

若者の士気を上げる目的は、
彼らが自らの意思で快適に仕事するようになると
私がラクになるからです。
最終的には私のためw

合理的で簡単に任務を遂行することに喜びを感じます。
なるべく早く終わらせ、帰らせる。
任務を遂行するために集まっているだけなので、
集まった人たちの私生活に興味など無い。
仕事さえ済めば用済みです。
公私混同が嫌いというか面倒くさいからしたくない。

ところが、父は全然違いました。
他人に必要とされること、他人のために何かすることに
喜びと自分らしさを感じていることが分かりました。
自治会の役のように「必要とされ、役立つこと」を
私がやっているのが、とても嬉しいらしい。

うーん、やはり父は「奉仕者」っぽいなあ。

しかも、父は任務を遂行するだけでは寂しさを感じてしまう。
それ以上の関係になりたくて積極的に公私混同する。
他人のために直接的なお世話をすることが大好きで、
自ら「世話役」と名乗り、仲良しクラブをいくつも作ります。


なんじゃそりゃ、クッソ面倒くせえ!!
と、私は思うのですが、
私の「用が済んだらハイさようなら」という態度が
父にとってはとても寂しくて、非情で冷酷に思えるようです。

やはり「奉仕者」なのかなあ。

父は本気で他人のお世話が大好きです。
真綿でくるんで庇護するようなお世話の仕方です。

しかし、私からすると、笑顔で手足をもいでいるように見えます。
ホラーです。
自力で歩きたい人の動きを封じているように見えるので。
他人を自分に依存させるのが好きだし、得意です。
しかも自覚が無いからタチが悪い。

ひたすらに「お世話したい」一心でやってます。

父はそれが行き過ぎて、奥さんと子供たちに逃げられたのでしょう。
黙ってヤになるまで我慢してくれた家族から学ばなかったので
父の基準では冷酷非情な私と出会ったのだろうと思います。

私も父が本当の、実の父親だったら嫌になると思います。
父は私の考えや思いも忖度しますが、それがあまりにも的外れ。
なのに「本心を隠してるだけだ」などとほざくし、
父は外堀を埋めてこちらの動きを封じてきます。
無関係な外野を巻き込んで
「あんなに優しいお父さんの言うことなんだから」
「お父さんはあなたのためを思っているのに」
という具合に、父は自分の正当性を外野に主張させます。
こういう悪質なことを平気で行っているので、
私から無慈悲な制裁を加えられることになるのです。

おそらく私が本物の家族だったら、父はヘソを曲げたでしょう。
本物の家族に逃げられて、聞く耳が出来たのだと思います。
今は私に奉仕したい、役立ちたい、という意識があるので
私の言うことを理解しようと頑張ってくれています。

私が間違ってることもあるので、その時はすんなり謝ってます。

もう少し証拠集めをして自分たちで考えてから、
ロッドで鑑定してもらって答え合わせをしようと思います。


スポンサーサイト

comment

Secret

そういう奴が

2016.11.07.19:47

最も嫌だ、面倒臭いから。
家族に居なくて良かったけど
義母がそうかもなあ・・・

Re: そういう奴が

2016.11.07.20:44

家族に逃げられて反省したのでしょう。
支援要請されたので、私の出来る範囲で鍛えています。
しかし私の対応が間違ってる可能性もあるので、
こうして記事にして客観視しやすいよう
自分なりに保険をかけています。

父はブログで晒し者になることを承知しています。
記事のネタになって役立つことが嬉しそうです。
やはり天然物の奉仕者なのかな?



プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク