FC2ブログ

繰り返された歴史

2016.11.05.09:17

先日、街中で見たポスターを空目したと書きました。
「空目」

「発見の向こうに、ミライがある」という文字を
「発見の向こうに、ミイラがある」と空目した話。


ついさっき、バブの寝室の前を通りかかったら、
ミイラ?!



我が家はルルがベッドで寝たり、私の布団に来たり、
あちこち好きに移動できるよういつも開けっ放しです。
だからトイレに行こうと思って廊下に出ると、
バブの寝室が目に入る。

そっと近付いて確認してみました。



おう…
紛れもなく、ミイラ化したバブだ…

しかも、これはデジャヴュだ…

ツタンカーメンの墓を発見したハワード・カーターのような
歴史に残るような発見ではありませんでしたが、
私もミイラを見つけたことがあったかもしれません。



きっとこのバブミイラみたいに損壊が激しく、地味で、
価値が無いと見なされ、相手にされなかったような発見だろう。

砂と歴史に埋もれたミイラと、それを発見した名も無き考古学者。

「歴史は繰り返された」と、妙な感慨が湧いてきました。

オマケ
光のわんこ(日課の日向ぼっこ中)


スポンサーサイト

comment

Secret

うちにも

2016.11.05.16:27

毎朝ミイラになっている息子が一人居ます。
娘が「ミイラ」と言うので・・・
(続きはぐれんに書く予定)

Re: うちにも

2016.11.05.16:44

ミイラ話の続きを楽しみにしています♪
プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク