FC2ブログ

また!エジプト展

2016.10.29.11:33

昨日、また同じエジプト展に行きました。
古代エジプト学の先生が展示品の説明をしてくれる日で、
それは是非とも聞かねばと思ったからです。
会場の入場料は必要ですが、講師料は無料。
先生は別のところから給料出るのかな?

やはり専門家に直接説明して貰えるのは面白いです!
疑問に感じていたことも質問できたし。

あんなマイナーな場所の説明にわざわざ来るなんて
集まってきた人たちも只者ではないと思いました。
特に今回はピラミッド時代に焦点を当てていたので
クフ王やカフラー王時代に前世を持つ人が多かっただろうと思いました。

そしてまた、古代のビールやパンを作る職人たちの模型を見ました。
なんか、親近感湧いちゃうなあ!
お墓から出てきた模型ですよ。
古代エジプト人は、あの世で働いてくれる職人たちも
すべて一緒に連れて行ったんですね。
現物支給ではなく、生産する仕組みごと持って行く。

あの世の理想郷「イアル野」での理想の暮らしは、
畑を耕し、パンを焼き、ビールを作り、、、
つまり普通に暮らすこと。
現世と全く同じ暮らしをあの世でもしようとしたんですね。


それにしても、3人の異なる人物と3回も同じ展覧会を見ると
同行者によって私の見方も変わるので面白いです。

でりあさんとは前世のヒントを探したり、
魂の行方について思いを巡らせました。
主に、見えない世界について話しました。
あまり感情が入らず、客観的な話が出来ました。
さすが「学者」だなあ。
でりあさんは神と崇められた時代のファラオだったのでは?

バブとは現代エジプトについて。
遺跡や遺物の保護のありかた、現代エジプトの情勢を思いました。
遺物が作られた当時の情勢はどんなだったのか?
現世的で現実的な話をしました。
バブは当然、エジプト贔屓な立場からの発言。
国土、国民、財産を守る意識が強いです。
バブには他国と戦争をしたファラオの前世が有りそうだ。

父とは古代エジプト人が見た美について。
人は何を美しいと思うのか?
またその表現についての観察。
父は芸術家肌なので、最も情緒的な話になりました。
神殿や墓所を作り、壁画やレリーフで飾った
建築家であり彫刻家だったような気がします。
大切な国家事業を直接指揮したような貴族かな。

三者三様の視点から見ることが出来て面白かった。


このギャラリートーク(専門家による展示品説明)
また来月もあるんです。

次は11月11日(金)18時から。
もちろん行きますw
金券ショップでチケットは購入済みw

同じ展覧会に4回も行くなんて初めてだし
こんなアホなことを許してくれるバブって寛大だなあ。
もちろん私、浪費はしないよ!
知識を得たら、いつか何かに還元されるから。
私の心が豊かになれば生活も豊かになるから!
バブよ、ありがとう♪
スポンサーサイト

comment

Secret

同行者によって・・・

2016.10.30.20:25

視点が変わると注目するものが変わりますね。

その全てを確認できたあやにゃんさんはエジプトのプロだ~
4回目で総括。

楽しみだよね!

Re: 同行者によって・・・

2016.10.30.21:59

うん、次は1人で行くことになるから
どんなことを思うか楽しみだ〜

古代エジプト時代、わかってるだけで約三千年。
そのうちファラオ、わかってるだけで約三百人。

私もその中の一人だったことがあるかもしれない。
以前は「ファラオ?まさか、ないない!」と思ったけど
何度も同じエジプト展に行く偏狂的なエジプト愛、
元ファラオだったら別におかしくないと思えてきた。

でりあさんも多分ファラオだったと思うよ。
目ヂカラのあるファラオw
ほんと、でりあさんと一緒に行けて良かった。
ありがとう!


プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク