FC2ブログ

ポスティング

2016.09.25.07:22

郵便受に一枚ずつチラシを投入していくポスティング、
あれは地味に大変な作業だということが判明しました。

自治会の仕事で市役所から送られてきたものをポスティングしたんです。
市のゴミカレンダーと、ゴミ袋引き換えチケット。
簡単な作業ではありますが……
正直舐めてたんだなーということに気が付きました。

一枚ずつ入れるのがけっこう大変でして。
それなのに、「手伝いますよー」と言ってくれた
マンション管理人の爺さんが、数枚重ねてやってくれたり、
ゴミチケットには部屋番号が書いてあるのに
それを無視して投入しそうになってたり。

管理人の爺さんは手伝ってるつもりのようでしたが、
私が確認するという余計な仕事が増えてしまいました。

頼むから邪魔しないで!!

市役所ケチだから枚数ぴったりしかくれないし。
最終的にゴミカレンダーが1枚足りなくなってしまいました。
何処かの部屋に2枚投入してしまった模様…( ;´・ω・`)

私はスマホでゴミカレンダー見てるから紙のカレンダー要らないし、
ウチの分を無しにすることで帳尻を合わせましたが、
重なって投入した部屋が何カ所もあったらアウトだよなあ~。

市役所に言ったら追加でくれるけど、その手間が面倒。
仕事は一回でバシッと決めたいです。
こんな単純な作業でも、効率の良い/悪いやり方があるんですね。
私はこんなことも知らなかったんだなーということも分かりました。


作業しながら管理人が言いました。
去年までの自治会役員はこういう雑用はすべて管理人にやらせていたと。

え、そうなの?
マンション管理人には本来の仕事があるわけで。
ウチは207世帯に対して管理人1人なので結構忙しい。
管理人室に管理人不在では困ることもある。
それに、自治会の仕事は役員がやるのが本筋だと思ったから
私は自分でやろうとしただけ。

私以外の役員は仕事だとか子供の世話で来ませんでした。
去年までの役員も、同じような理由で忙しかったのでしょう。

管理人にしてみれば、マンション住人へのサービスも仕事だから
市からの配布物のポスティングも仕事のうちだと考えたのかな。
人によって感覚は違うものなんだなあ。

しかし、管理人曰く、私だけ感覚が変わっているようです。

《本来の仕事》なんて言ったの、あなたが初めてですよ。
皆さん《じゃあ、お願いしますー》っておっしゃいますから。
あなた、変わってますねーw


ですと。

管理人が私のことをどう思おうと勝手というか自由だけど
《本来の仕事》を考えないのが当たり前なのは
余りに何も考えなさ過ぎではないか?
と、思った次第であります。

私も考えているとは言い難い状況なのに、
何も考えていないわけでは無かったのかー。
それも知らなかったよ…( ;´・ω・`)


1時間にも満たない単純作業の間にも、
知らなかったことを知る機会に恵まれてよかったです。
やはり私は、何でも自分でやってみないと分かりません。
目の前に展開することは、進んでやってみようと思いました。

スポンサーサイト

comment

Secret

配布

2016.09.25.12:23

日々の仕事の中に配布業務があるんだけど、1枚モノが一番やっかいだよね、ぴたりとくっついているしw

仕事していて「これまでそうだった」から「そのまま・そういうもの」って結構多い。
でも、今の仕事に就いてから、やっぱり違和感を感じたことは、そのままにはしておけないこともあるので、変えちゃったこともあるw

一度変えると、後の人にとってはそれが「こういうもの」になるので、よく考えてから変えるようにはしてるつもりだけど、もう少し思考力が高ければパッパっと判断がつくんだろ~な~と。

あやにゃんの「目の前に展開することは、進んでやってみよう」を見習いつつ限られた期間、仕事と向き合おうと。

Re: 配布

2016.09.25.17:00

うん、一枚ずつ取れないねえ!

「今までこうだったから」というのは多いですね。
それが私にとっては意外だったり新鮮だったりして
如何に自分が物知らず・世間知らずか思い知ります。

私は目の前にあるものしか認識も理解もできないし、
もしかしたら目の前にあっても「見えない」こともあるかも。
それでも私の頭と心の視力や視野を拡大しようと思ってます。

この状況を【学者】ならどう見るだろう?
【戦士】ならどう対応する?
【王】は、【奉仕者】は・・・??
他の人にはどんな風に見えているんだろう?
と、想像してみることで鍛えられないかなと思ってます。

しかし、自分に備わってない視点なんて
想像を絶しているのでなかなか難しいんだけど
ゲーム感覚で面白がってやってます。
だから目の前のことに一喜一憂しなくなったよ。
ほんとありがたい。

仕事だとなかなかゲーム感覚とか言ってられないかもだけど
きょんにゃんが様々な職場に新しい風を入れてるのは
見ていて爽快であります。


プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク