FC2ブログ

びわこバレイと鹿

2016.08.19.04:27

ルルですよ。
ぼくはびわこバレイのお散歩が大好きですよ。
びわこバレイというのはスキー場です。
雪が無いときは公園みたいになってるです。
特別のお散歩のために連れて行ってもらうです。
特別のお散歩ですから、一年に一度か二度しか行けないです。
ロープウェイに乗って、お山の頂上まで行くですよ。
お山はとても涼しくて、ずっと芝生で、とても広いです。

お山の上には野生の鹿の群れもいるです。
野生の鹿はたくさんで、草を食べているです。
見ていたら、ずっと食べ続けているですね。
多分、鹿はぼくよりもたくさん食べているですよ。

あんなにたくさんの鹿がずっと食べ続けたら、
お山に食べ物がなくなってしまうと思うです。
それで山を下りて畑や庭にも入り込むですね。

ぼくはこう見えて捕食者です。
鹿はぼくより大型だから狩ろうとは思いませんけど、
ぼくより小型だったら狩りたいです。
ぼくは勇ましい猟犬ですからね。

ぼくは鹿に恨みは全く無いけれど、
お山の食べ物がなくなってしまうほど鹿が増えすぎているから
オオカミが鹿を少し狩ったらバランスが良くなるなあと思うです。
このままでは、お山が丸裸になってしまいそうです。
近隣の畑も荒れるです。

お山を伝って京都の山寺のお庭にも入り込んで
住職を困らせている話も聞いたです。
京都はお寺が多いですが、歴史ある貧乏寺もあるです。
困っているのは生真面目な貧乏寺です。
金儲けがうまい寺は鹿を駆除するか、
鹿を寄せ付けないような設備投資ができるです。

鹿は可愛いですが、困るですよ。
「鹿を駆除するなんて可哀想!」
と感情的になるようではダメです。

ぼくは日本オオカミの復活を希うです。
山犬と畏れ敬われた日本オオカミです。
ぼくたち犬の先祖でもある(と思う)ですから、
ぼくはオオカミをリスペクトしているです。
ぼくもオオカミのようなピンと立った素敵な耳です。
オオカミのような遠吠えも出来たです。
(今はもう出来ないけど)

ぼくはびわこバレイで遊ぶのは楽しくて大好きです。
鹿も野鳥も昆虫もたくさん住んでいるお山が好きです。

でも、鹿が増え過ぎて、鹿が慢性的に飢えていて、
周辺の人間から疎まれてしまうのは、鹿族にとって気の毒です。
鹿族の一部がオオカミの食べ物になれば、
鹿族はいつも飢えることがなくなるはずです。

このまま鹿が増え続けたら、お山が禿山になって、
小鳥も昆虫も住めなくなって、草がなくなって、
鹿も飢えて、お山が死んでしまうです。

ぼく、鹿のお肉を食べてみてもいいなあと思うです。
大好きなお山だから、何とかならないかなあと、
ぼくいつもちょっとだけ考えるですよ。

ではまたね!
スポンサーサイト

comment

Secret

狩猟

2016.08.19.05:12

狼が居ないので、人間が代わりに鹿を狩るのが良いと思う。
将来的には狼を山に入れるのが良いだろうが
当座の間に合わせで、鹿狩りするしかないよね。

Re: 狩猟

2016.08.19.08:54

ぼくが鹿を狩れたら狩るですが、
数が多すぎるですからね、
人間の猟師さんに頑張ってもらうですね!
プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク