FC2ブログ

お腹がいっぱい

2016.08.16.05:55

まだバブの実家にいます。
バブと私とルルは、母屋と廊下続きになっている離れで寝てます。
ルルも布団の上ですw
ルルも12年間こうなので、慣れたものです。

しかし1つだけまだ少し慣れないことがあります。
それは、大量に食べさせられること。
しかも、ものすごい速度で。
そこに、おやつまで。

短時間で大量に食べさせられるので、私はいつもお腹がいっぱいです。

バブが瘦せ型なのは、自分のペースを崩さないから。


私は食べ物を残すと厳しく罰せられる家庭で育ったので、
バブ家ではつい食べ過ぎてしまいます。
それに、口答えも厳しく罰せられたので、
「嫌なことは嫌」と言えなくなっていました。
子供の頃に刷り込まれた基本的な生活習慣からそうなりました。

バブと義妹は子供の頃からキッパリと断っています。
だから二人とも嫌なことは嫌だとキッパリ言えます。
義妹はサヌキ女なので何でもハッキリ言います。
バブはアワ男ですが、そういう点はハッキリ言えます。
子供の頃から自然に訓練が出来ているのでしょう。

食べ物をあれこれ勧めはするが、断られても何とも思わず、
それでも相手の都合を考えずに次々と食べ物を勧める義両親は、
私が断ったところで、やはり何とも思わないのです。

初めてバブ家に来たのは私が23歳の時ですが、
その頃は嫌なことや自分の能力や限界を超えたことでも断れず、
仕事を抱え過ぎて心身の過労から盛大にウツ病を拗らせ、
どこから見ても立派なメンヘラ女でしたw

しかし義両親にはそれが分からなかったので、
今と全く同じように食べ物をあれこれと勧めました。
断れない私を見かねたバブと義妹は、
キッパリと断る様子を私の前で実演してくれて、
私も義両親を相手に断る訓練を積んだのです。

そして17年経ち、私は中年のおばさんになり、
「嫌なことは嫌だ」と、キッパリ断れるようになりました。

そういう意味で、私は義両親に育ててもらいました。
義両親は全く自覚していないけれど、そこは心の中で感謝しています。

義両親よ、ありがとう。

そして私は今日も朝から、ごはんやパンやお菓子を断るのでありますw


断ることはできるようになったので、
今度は食べ物を残しても平気でいられるように、
自分自身の感覚を鍛えていくしか無いですが……

しかし、これはまだ難しい……( ;´・ω・`)
つい食べ過ぎてしまうー

義母が生ものを大量に購入してくるのはどうしようもないので、
今度は割り切ることを覚えなくてはいけないな。

子供の頃から体に染み付いた習慣を打ち砕く訓練を
バブ家で自然にできるようになっているのはありがたいです。

こんなこと知らずにバブ家に来ましたが、
やはり何でもぴったりなんだなあ、と
今頃になって思っている次第であります。

スポンサーサイト

comment

Secret

年配者の

2016.08.16.15:53

もてなす=食べさす

うちも同じ状況でした。
一度(お世辞でも)おいしいと言えばそればかり。

義実家は刺身と中華で、大量に注文!

私も食べ残こし出来なかったのでお腹いっぱい。
朝昼晩、2,3日無くなるまで中華責めは体調不良の元です。
(罰ゲームと思うほど)
嫌だといっても聞き入れませんでしたw
賢かったらきっぱり決着がつけられたのですが。


Re: 年配者の

2016.08.16.16:18

なるほど、何処も同じ……なんですね!

しかしお腹いっぱいで病気になるっちゅーねん!
限度を超えたらあきませんなあ。
プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク