FC2ブログ

大丈夫、大丈夫♪

2016.07.10.19:11

午前中の自治会の仕事のときのことを忘れる前に書いときます。

先週、主に子供会のお母さんたち3人が
「大変、大変!」
と騒いでいました。

今日も3人揃っていきなり「大変、大変」と言い始め、若い男性役員もつられて「大変、大変」となってきました。
そして、「あーマジ面倒くさい、バイト代欲しいー」とか言い出すヤツまで現れる始末。

うーん、これはマズイな。
自治会長は、なんかオロオロしてますw

そこでお節介なおばさんの私は、彼らの仕事ぶりを一人一人さりげなく褒め、
「大丈夫、大丈夫♪」と肩や背中を軽くポンポンして回りました。

ちょうど立ってやる作業だったので、自然に近付くことが出来たし。
彼らを見ていると、すごい肩が緊張して、妙な力が入ってたんですよね。

私と同年代以上のおじさん役員には指一本かすりもしませんよ。
若い人たち限定で、褒めてポンポン。

それから、備品で余ってたペットボトルのお茶を配布しました。
先月のマンション周辺清掃の参加賞が少し余ってたヤツがあったので。

在庫の数量と場所を覚えてるのは私ですが、敢えて私は倉庫に取りに行かず、若い人たちに取りに行ってもらい、ついでに配ってもらうよう頼みました。
配布すると、一人一人から「ありがとう」と言われますよね。
その言葉だけで、その若い人たちは、ちょっとした達成感を得られるかなと思いまして。
嫌な気分になっている現場から一旦離れさせて頭をリセットする狙いもありました。

(余計に文句が出るかな?)と少し思いまして、ちょっとした賭けでしたが、(文句が出ても仕方ないな)と覚悟を決めて頼みました。

すると、お茶を配り終えた若いお母さんたちには笑顔が戻ってまして、期待以上の効果が得られたことがわかりました。

「嫌な印象を継続しないために一旦現場を離れさせて頭をリセットする」
というのは、ルルの訓練のときに使ったテクニックなんですけどね、人間にも効きましたわね。
ああ、面白い♪

それでまた、呪文のように「大丈夫、大丈夫♪」「平気、平気♪」「まっ、いいか♪」「うん、バッチリ♪」とかやっていたら、いつの間にかお母さんたちも「まっ、いいか~♪」「大丈夫だよぉ♪」などと言い出すようになりました。

そこでまたお節介な私が一押し。
「誰も完璧なんか求めてないよ~。大丈夫、大丈夫♪」

「そうだよねー、完璧にできるわけないもんねー」
「そうだよ、あはは~♪」

大変だと思ってたことが、大丈夫♪になって終わることができました。
若い人たちって、一生懸命で可愛いですね!

私は、誰かが「コレやらなくちゃ…」と明らかに面倒くさそうな声を出してるのを聞きつけて
「え、何それ面白そう!やりたい!」とあっちこっちフラフラして手を出してました。
そしたら、片付けは若い衆がやってくれた。

「おお、ありがとう!気が利くねえ!」
「いえいえ、これくらい大丈夫ですよぉ♪」

大きめの声で、少し大袈裟に褒めました。
犬を訓練する時と全く同じですw
若い衆は気分が乗ってると気持ちよく動くからいいですわね。

あとね、これは子供が居ない私の勝手な想像なので、見当違いかもしれませんが、自分が親になると、他人から褒められることが殆ど無くなると思うんですよ。
親なんだからそれくらい当然、やって当たり前、ってね。

でも、彼らはほんの少し前まで、学生だったり結婚前の坊ちゃん嬢ちゃんだったんです。
結婚して10年も経ってないような人たちなんです。
子供が小さくて自分のやりたいことをするまとまった時間も無くて、でも精一杯やってる。
その上、日曜の朝から余計な自治会や子供会の仕事を「やらされてる」感じです。
今まで親にやってもらったり、公共のサービスを受ける側として過ごしてきた人たちには特に堪えるでしょう。

そこで、ルルの訓練の時に使った「褒め褒め作戦」です。
とにかく褒めて気分を上げる。
「コレやったら褒められて嬉しい、楽しい♪」
という条件づけを試してみました。
各々に向いてることをやってもらって、仕事自体もストレス無く出来るよう割り振りました。

用事があるお母さんは途中で帰らせました。
「気にせず帰れ!自治会よりも子供が大事だ!こっちは心配すんな。次回頑張って頂戴ね♪」

全員が同じことやる必要無いし、それぞれ事情があるのだから、皆でフォローし合えば良いのです。
小さな子供がいる家庭では予定なんかあって無いようなモノなのだし(想像)、皆で助け合えば良いです。
おじさん連中も、かつて子育てを経験してるから分かってるはず。
てか、子供居ないの私だけw

おじさん連中も、パソコンの設定とか頑張ってくれたから、「こんなの見ただけで分かるなんて凄い、尊敬する!」とやや大袈裟に褒めたら、なんか張り切ってやって下さいました。

犬の群れを動かしているような気がしましたねえ。


あ、犬と同じだとバカにしてるんじゃありませんよ!
私は犬の素直さ純真さに一目置いて敬愛しております。
彼らはいつでも一生懸命で本当に素晴らしいです。

人を使うのって面白いですね♪
気持ちよく動いて下さる皆さんに大感謝!
ありがたや、ありがたや。

スポンサーサイト

comment

Secret

なんか、

2016.07.11.10:35

読んでて泣けちゃった。ありがとう。

Re: なんか、

2016.07.11.11:39

おや、それはそれは。
リエさんは頑張り屋さんだからねえ。
プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク