FC2ブログ

自治会のお仕事

2016.06.26.14:48

マンションでは、夏休みの恒例行事として「夏まつり」を開催しています。
目玉はビンゴ大会。
207世帯のうち、出席するのは半分にも満たないと思うんですけどね、出席される方は家族総出です。
だから、けっこう凄い人数になります。

この景品を、先週の日曜、若手役員と二人で選考・予約に行ったわけなんですが、滋賀県なので、「特賞」は近江牛にしました。
県下に牧場を持っている近江牛専門店のギフト券です。
さすがに生肉を「ハイ、どうぞ~!」と手渡すわけに行かないので、当たった人が好きな時に好きなお肉と交換してもらえるようにしました。

で、ギフト券をお肉屋さんが包装して下さったのを取りに行ってきたんですけどね、
「〇〇自治会」って部分が、ボールペンで適当に書いてあるw
「特賞」までは頑張ってくれたみたいだけどw

きっと、お肉屋さん、忙しかったのよ。。


私はまぁ気にしないタチではあるけれど、マンション住民にしてみたら、
なんか有り難みが薄れるというか、
雑な感じがして嬉しい気持ちが萎むというかw

せっかく前もって準備する時間があるんだし、
もう少し丁寧に作り直そうと思いました。

でも私は毛筆どころか、元の字よりも更に下手な字しか書けないので、Macのチカラを使いました。
ネットで熨斗紙の画像を検索して文字を書き込んだだけ。


一番に「ビンゴ!」する人の手に渡るものなので、参加者全員の注目を浴びますからね、これはとてもおめでたい景品なんですよ。
当たって良かったねえ!
という祝賀の気持ちを形に表したものが、この包装なんですよ。
だから、私が包むことになって良かったのだと思う。

誰かの幸せを喜ぶことが出来るというのも、とても幸せなことですから。
これ当たった人、喜ぶかなあ?
とか思うだけで楽しくてニヤニヤします。


私は人に贈り物をするのが好きなので、人の金で好きなものを買い、それを欲しい人にばら撒くことが出来るという、この状況が楽しいです。
面倒もありますが、それもまた一興♪

その面倒も、半分ぐらいは片付けたしw

いやね、子供会役員の母親連中は私が候補として挙げた景品(すべて食べ物)について

「もっと安くてたくさんの、質より量がいい」
「子供には美味しいものなんて分からない」

などとヌカして不服を申し立てたのですよ。

「日常のものは自分で買ってください」
「子供の味覚障害は親の責任だと思う」
「夏まつりは子供のためだけのイベントではありません」
「マンション全体のことを考えてください」

と言い返したら黙ってうつむいてたw
あいつら怒ってるだろうなあ!あっはは!

こういうことが、役員会のたびにあるので、なんか最近、役員会では皆黙って私の顔をチラチラ見るんですよね。
それとなく、まず私にどう思うか打診してから自分の意見を言うようになってしまった。
別に私、怒ったりしてないのになあ。
まあ、いいや。


先週の買い物からたまに考えていたのですが、
私は金持ちの家に生まれて、ただひたすら消費するだけの人生を送り、大散財した前世があるかもしれません。
お金は皆が幸せになるために使えばいいんだもん。
お金を溜め込んでどうするんだ?
という意識が当たり前のようにあることが分かりました。
当たり前過ぎて自覚してませんでした。

私はお金を使うのが好きで楽しいです。
でも、無駄遣いは大嫌いなんです。
何を「無駄遣い」と定義するかは人によって違うと思いますが。

私に不服を申し立てた子供会の母親たちが持っている「質より量」という価値観では、私が選定した景品が「無駄な贅沢」に見えたことと思います。
だけど、「夏まつり」という「ハレの日」に振る舞う幸運の景品なのだから、日常と同じではつまらないと私は考えます。

若手役員はそれを理解してくれました。
子供会の母親も年齢は若いんだけどなあ、分かんないのかもしれないなあ。
若くて未熟だから、心にゆとりが無くなっているのかもしれないな。

マンションだから、祖父母に頼らず核家族で子育てしてる人が大半です。
日々の生活と子育てのストレスが多いのかもしれないな。
それぞれ、いろいろあるんだろうな。

そんなことを考えたりしてるので、子供会の母親に自治会や市役所からのお知らせを配るときは、香りの良い紅茶やハーブティーなんかを一つ、付箋に「おつかれさまです」などと一言小さく添えて、こっそりポストに入れてます。


バブは「飴と鞭w」と言って笑ってましたが、「普段自分では買わないちょっとしたもの」を思いがけず貰うと嬉しいですからねえ。
母親になっても、元は女の子なんだからね、良い香りの紅茶やハーブティーは、女の子が喜ぶアイテムだと思うんです。
私からすると、皆さん若くて可愛いお嬢さんのようなものなんです。そんな若い人たちが一生懸命やってるんだなーと思うと応援したくなります。

私がしたいからしてるの。
ただそれだけ。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク