FC2ブログ

壺装束の女性② 自分なりに解釈

2016.05.25.15:36

今朝見た夢「壺装束の女性」を自分なりに読み解いてみた。

私は名前をいくつも書いたことが印象に残っている。自分の名前なのに、自分のことではない気持ちでいたことも重要な要素だと感じている。

前に筆で旧姓の名前を書いたのは、祖父が亡くなったとき。それ以来先祖の仏壇がある家には行っていない。祖父は初孫の私を可愛がっていたと思うのだが、毒母と縁切りしたので、もう行かないことに決めたのだ。

私は、先祖供養を夢の中でしたような気がする。たくさんの名前は、先祖一人一人の名前だろう。
書いた字が大小様々だったのは、私の中での存在感の大きさなのかもしれない。直接知っている故人である祖父が一番大きな字で、次に大きな字で書いたものが曾祖母とか。写真でしか見たことのない先祖は小さな字、話に聞いただけの先祖はもっと小さな字、という具合に。

私の先祖はどこまで溯っても農民だと分かっている。厳密には、私の祖父から数えて13代前から農民であることがハッキリしている。しかも13代前に別の農家から分家して祖父の家が興ったことも分かっている。これは郷土史家だった祖父が調査して出した結論なので、ほぼ間違い無いと思う。

私が書いたものを見て喜んだ壺装束の女性たちは、私が先祖供養をしたことを喜んでいるものと思われる。S家はどこまで溯っても農民なので、先祖が高貴な人の着る装束を着たことは無いと思う。壺装束の女性たちは私の先祖霊ではなく、ガイド存在なのだろうと思う。

【結論】
夢の中で先祖供養をして、それをガイドが喜んでいる。


・・・言い切っちゃったけど、イマイチ自信無いなー




スポンサーサイト

comment

Secret

もっと

2016.05.25.17:11

もっと遡れば、平安時代の貴族かもよw
関西住まいだし、有り得ると思うなあ。

Re: もっと

2016.05.25.17:26

うーん、そこまでの記録は無いなあ。
可能性はゼロではないということにしておこう。

さっきヘミシンクで夢の続きを見たら、変なことになった。
また後で書きます。
プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク