FC2ブログ

思ってることが

2016.04.02.08:56

思ってることがそのまま口に出てくるようになりました。

と言っても、家族の前ではリラックスして
思ってることを無遠慮に口に出して
怒らせたり不愉快な気分にさせてきました。

外では遠慮していただけのことです。
それが少し薄れてきました。
良いのか悪いのかは、わかりません。

他人を故意に不快にさせたくないとは思います。
軋轢を自ら作り出す必要は無いし、
一度生じた軋轢を処理するのは面倒だし。


住まいがマンションなので毎日エレベーターを使います。
一階で下りるとき、途中で乗ってきた中年女性が
「開」ボタンを押したままドア横に突っ立って
「どうぞ~」
とか抜かすんです。
最近太ったのと、荷物があったものだから
奥にいた私は通りにくい。

「私太ったし荷物あるから通りにくいんだけど?」

思ったことがそのまま口から出てきました。
「開」ボタン押してた中年女性、
「えっ?!」
とか言って固まってた。

「ありがとう♪」以外の言葉だったからびっくりしたのかな?
鳩が豆鉄砲を食ったような顔を久しぶりに見た。
「思いがけない出来事に驚いてキョトンとする様」
という見本みたいな顔だったから、すごく可笑しくなった。


「開」なんか押してなくてもしばらく開いてるし、
ドアに挟まれたからといって即死するわけでもない。
ドア横にボケっと突っ立ってるぐらいなら
「お先ですー」とでも言ってサッと出ろや。
クソ狭い隙間を通り抜けるなんて面倒なんだけど。

ムカッ(怒)

という気分ではないんです。
ただ面倒なだけ。
的外れな善意を押し付けられてウンザリするのって、
こういうことなんだなあ。。

過去に私もたくさんやらかしてきたな。
今も、まだ気付かずやらかしてることがあるだろうな。
早く自分で気付けるようにならねば。。


それにしても、エレベーター「開」ボタンを押し続ける人は
前世ギロチン台で処刑されたトラウマがあって
ドアに挟まれるのが怖いのかもしれない。
最初に通りたくなくて人を先に通して安全確認したいとか?
もしそうだとしたら、早く前世のトラウマが癒されますように。


ところで。
一年以上前の私は善人であろうと思って
心にも無い「ありがとう♪」を安売りしてました。
どんだけ低次元な善意なんだ。。ううう。

今は心にも無いことは言わなくなりました。
心にも無いことを言うときは
(今から心にも無いことを言うゾ♪)
(本心ではないがこの場合は仕方ないな!)
などと意識して言っています。
後で面倒なことになって困らないように、
自分のためにやってます。
自分勝手だなあとは思うけど、快適です。


自宅マンションのエレベーターは公共の場ではあるが
生活の場でもあるので、リラックスしてます。
だから本音が出やすいです。
ついでにオナラも出やすいです。(ごめんね!)
腹に溜まってるものが出やすいんだから仕方ないな。
(しかし腹の皮下脂肪は増える一方…)

でも自宅は快適なほうがいいからこれでいいのだ。

もっと上の境地になれば、更に快適になるのだろう。
自分も周りの人たちも快適になれたらいいな。
スポンサーサイト

comment

Secret

善意

2016.04.02.12:04

善意でやるのは良いが、やる以上はマトモにやれ、と思うよね。
その善意をやれるだけのレベルに無いということだね。
面倒臭えねえ。

エレベーター

2016.04.02.12:41

私は挟まれるのが怖いんですわ・・・
ここんとこ、前世は罪人だったのかなーとか考えてたんで
もしかしたらギロチン刑と何か関わりがあるのかなあと思いましたw
(ギロチンはキラートマトという映画でも出てきて好きだったので)

挟まれても平気なんですよね・・・
一度試してみようかな(こら)

Re: 善意

2016.04.02.12:56

善意からしていることだとは分かるけど面倒くさいです。
感謝を強要されているような気もします。
我よしの善意なんでしょうね。

「それは全然有難くない」という意思表示が出来たのは
私にとっては一歩前進です。
問題集と冊子で鍛えた成果が表れてきています。
ありがとうございます。

Re: エレベーター

2016.04.02.13:08

ドアに挟まれるのを異様に恐れる人が居るのが不思議で、
ギロチン台との関連を思いつきました。
囲炉裏さんの証言でますます関係があると思えてきましたよ。
一度挟まれてみて、死なないし怪我もしないことがわかると
恐怖心が癒されるかもしれませんね。
試してみて下さい♪(←無責任)
プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク