FC2ブログ

義両親との縁

2016.02.04.12:12

年末にすっ転んで右肩と右腕を骨折した義母、
リハビリは順調なようです。

と言っても、私は半年ぐらい義母に会ってない気がするけど。
月に一度ぐらい、メールで様子を聞いてます。
車の運転はまだ出来ないそうですが、
退職してヒマを持て余している義父がいます。
今は冬で家庭菜園も休みなので、義父が義母のお抱え運転手状態。
何でもぴったり上手く収まってるなあ!
天の計らいに感嘆します。

先日義母から買い物のついでにウチに寄りたいとメールがきたのですが
生憎、風邪で本調子ではなかったので
「風邪ひいてるから無理、こないで」と断ったら
義母も「じゃあまたね」とあっさりしたものです。

あー、なんてラクなんだ( ´ ▽ ` )

息子の嫁なのに挨拶にも見舞いにも来ない、
こっちから行くと言えば断る、
姑を嫌ってるようで嫌な嫁だわ!

などと言ってこないし周りに吹聴してる風でもなし、
自分で好きなようにしてる義母でよかったな。

私は義母を毛嫌いしてるわけではなく
義母を含む他人にあまり興味がなくて
ほんとにひたすら何とも思ってないだけ。
ほぼ関わることなく、関わったとしてもあっさりしてて
ものすごくラクな関係でいいなと思ってます。
これは義母だけでなく、誰に対しても同じ対応です。

義両親はいわゆる「無の人」だけど善良で思いやりがあり、
「子供と言えどもバブは独立した個人である」
ときちんと認識しているところが気に入って、
この両親ならバブと結婚してもいいなと思ったんですが、
確かに私の目に狂いはなかったようです。

親を見て結婚するかどうか決めたと言っても間違いではないかも。
バブだけでは決め手に欠けたのでw
バブの親が地雷ならこの結婚は無かったところでした。


バブ家のある集落は男尊女卑の思想が根強い田舎ですが、
義両親はそんな田舎の慣習を心の底では不快に思っていて、
寺の行事や様々なことの奴隷として息子や嫁を出せと言われても
黙って防波堤になって、次世代に負の遺産を残さないよう
彼らなりに頑張ってきてくれたと私は見ています。

何となく、たまに行くと、そういう匂いを感じるのです。
それで、私は義両親に心の中でとても感謝しています。

もし未だに、義母に「嫁の分際で」などと
妄言を抜かす爺婆が居たら、
私は全力でそいつらを懲らしめてやろうと思っています。
義母にもメールで言ってます。
「もし義母さんが意地悪言われたら、私が懲らしめてやるよ」

私は他人と敵対するのは苦手です。
出来ればしたくありません。
でも、必要とあれば戦います。
こういう覚悟を決めていると、誰も私に表立って逆らいませんが。


これは前世を考えていたときに、よりハッキリしました。
ただ従うように強要されてきたことが、
過去に何度もあったと思ったのです。
今世でも、子供の頃からありました。
それを今世ではキッパリやめて克服しようとしています。

めそめそ泣いて周りを恨むだけだった私と決別します。

義母からの申し出を断っても何とも思わない義母のおかげで
小さなことをキッパリ断る練習を重ねることが出来ました。

私は、出来ないことや嫌なことでも断ることが
子供の頃からずっとできませんでした。
嫌だと言えないのです。
嫌と言わずに我慢するほうを選んでました。
我慢にも限界があるのに、我慢をしてました。
アワのタチって、本当に面倒ですね。
でも、分かってよかったです。

魂レベルで私はこのタチを克服したいと望んだから、
義両親との縁も、魂が望んだことなのかもしれません。
タチを克服する機会を得られて、ありがたいです。

あらゆる縁に理由があるのだろう。
そこから何かを学ぶために。
ありがたいなあ。

スポンサーサイト

comment

Secret

魂の癖

2016.02.04.16:28

前世を考えるにあたって魂からその傾向を考える。

これこそまず考える出発点かも。
為になります。
プラスして考慮しよう。
ありがとう!

うん。

2016.02.04.16:45

そうやって「故の無いことでは無かろう」と
思考すれば、苦痛はほぼ消えますわね。
やはり思考力は人間には必要だ。
あやにゃんさんも良い方向に向かっているので
結構ケッコウ。

Re: 魂の癖

2016.02.04.19:41

同じ魂で別人として生きる意味を考えてみたら、
魂の癖を克服することかなと思いました。

傾向を知れば対策できるかな?
まだまだこれからですが、
やらないよりいいと思ってます。

Re: うん。

2016.02.04.19:43

よーく考えてみたら、
気持ちが沈んだり有頂天になることが
ほぼなくなりました。
前にifさんが書いていた
「頭が心を助けてくれる」とはこのことですね。
プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク