FC2ブログ

習うより慣れろ

2016.01.27.18:01

父の羽織、また違うのを補修しています。
生地は傷んでませんが、縫い糸がボロボロです。

「お人形さんの服作り」の管理人さんが
和裁の本の、羽織の縫い方のページをコピーして下さったのが
とても役立っています。
ありがとうございます!


羽織の右脇が全て取れてしまっていました。
父は右利きなので、右側をよく動かすのでしょう。
それで弱っていた糸が切れたのだと思います。

一箇所で済むわけがないので、点検してみたら、
他にもあちこち縫い糸が切れていました。

両方の袖口。
負担がかかる部分ですね。

左の袂。
父は左の袂をポケット代わりにします。
だから、左の袖口のほうが傷みも酷かったです。
袖口から袂に手を入れてガサゴソしますと、どうしてもねえ。
(参考資料)

これ、女はやっちゃダメですよ。
そもそも袂がポケット状になってないし、
何よりもみっともない。
(でもハンカチぐらいは入れちゃうかな)
(参考資料)

袂の中に手を入れるときは後ろから。


他に糸が切れてたのは、背縫いのお尻の辺り。
椅子に座るときに負担がかかるのでしょう。

左側の襟。かなり広範囲に切れてた。
うーん・・・何故?
ピシッと着るために引っ張るから?
(参考資料)


私でも直せる程度でよかった!
縫い方にコツは要るけど、まっすぐ縫うだけだし、
縫い目が見えないから、少々不揃いでもバレない、かな?
「くけ縫い」に慣れてきた頃に補修が終わった!
手仕事は「習うより慣れろ」だなあ。

補修の作業も楽しいので、
父も気楽に着て楽しんでくれたらいいな。


私は週に2日ぐらい着物です。
本気出したら10分少々で袴を着られるようになりました。
名古屋帯はまだ30分以上かかりますが、
それでも以前より早くラクに着られるようになりました。

やはり「習うより慣れろ」ですね。

もちろん習えばもっと完璧だろうと思います。
でもまだ慣れてもいない段階なので、
まず慣れてしまおうと考えています。
そこから先、マンネリ化したら、その時考えようっと。

こんな衣服を考えた昔の日本人は素晴らしいなあ。
楽しませてもらえてありがたいなあ。
スポンサーサイト

comment

Secret

なるほどねえ

2016.01.27.19:53

男女で違うんだねえ・・・

Re: なるほどねえ

2016.01.27.19:56

男女でかなり構造が違うんですよ。
私も父の着物を触るまで知りませんでした。

男性の羽織袴姿って素敵よね~

2016.01.27.21:05

コピー、お役に立てたようで、良かった良かった。

以前の勤務先の職場の上司が能の教授嘱託でした。
自宅に板張りの稽古場があって謡を教えていらっしゃいました。
その上司がよく言ってたのが
「俺さー、男の羽織袴って60才を超えて腰回りが
 どっしりしてる人が一番似合うと思うんだよねー」

「そんなものなのかな~」とその時は聞いていたのですが
今、ブログでお父さまの羽織袴姿を見せてもらっていると
確かによく似合ってて「本当にそうだわ!」と思います。
今回補修された羽織もお父さまによく似合ってるんだろうなぁ、
と思います~。

Kさん、ありがとう!

2016.01.27.21:12

コピーのおかげで構造が分かって大助かりですよ!
本当にありがとうございます。

それから、父も毎日ここを見て
私の安否確認をしているのですが、
コメントを読んだら喜ぶと思います。
お腹周りにドーンと貫禄がありますのでw
プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク