FC2ブログ

余計なことが楽しい

2016.01.25.10:22

子供の頃から「役に立たない無駄なこと」を一切させてもらえず
「ウチはウチ、よそはよそ」と言われて
(そんなもんか)と何も考えずそのまま受け入れ、
無駄なことや余計なことに心の底では憧れながらも
(やってみたい、欲しい)という気持ちを表に出せず
気がついたら面白味の無い人間になってました。

今はルルのおかげで楽しいです。
容認してくれているバブのおかげで楽しいです。

今はこれが楽しい。
父がプレゼントしてくれた色鉛筆とスケッチブック。


何をして遊んでみようかな?と思っていたら、
でりあさんがルルの肖像画をプレゼントして下さって、
「これだ!!」と思いました。

ルルをモデルに、肖像画もどきを描き始めました。
私のは落書きだけど、いいの。
こないだのモーツァルトもどきが1号。

だけど「クルクル頭が嫌だ」とルルに怒られ、
怒ったルルも可愛いと思って、それをモデルにしたのが2号。
ベートーベンもどき。


ベートーベンの不機嫌な肖像画を思い出したから。


このベートーベン、調べてみたら本当に怒った顔でした。
家政婦さんがベートーベンの大好物の「マカロニチーズ」を黒焦げにして
怒り狂って画家にも八つ当たりしたそうです。
あはは~♪
画家に八つ当たりなんかするから、こんな顔を描かれるんだ。
ルルは滅多に怒らないので、珍しいから描いてみました。

インナーチャイルドが喜んでいるような気がします。
私は一人で静かに遊んでる子供でした。
チラシの裏に落書きをしたり、図書館で本を読んだり。
きっと私は色鉛筆が欲しかったんだろうなあ。
でも欲しいとかやってみたいとか一切言わなかったので、
自分でゼロから考えることが苦手で、
オリジナルのルル絵は描けないからパロディだけど、
今とても嬉しくて、なんか泣けます。

みんな、ありがとう。

3号は上品なルル。


元ネタはラファエロの「若い男の肖像」

スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク