FC2ブログ

着物と洋服の感覚

2015.11.08.05:46

着物と洋服は感覚が違います。
どう違うのかというと…

私は洋服だと緑とか茶色もよく着ますが
着物だとあまり似合いません。
地味にまとまり過ぎて違和感があるのです。

洋服では若作りし過ぎなピンクなどは
着物だと全く違和感がありません。
洋服では絶対あり得ないキンキラキンでも
着物ならドンと来いです。

洋服よりもかなり派手なものが着物では普通になり、
洋服で似合う色柄を着物で選ぶと地味なのです。
ヤフオクで失敗したもの、頂きもので似合わない着物は、
友達に押し付けたりしたけどw

しかし、あまり似合わない着物でも
半襟と帯との組み合わせ次第!
割とどうにでもなってしまうから不思議です。

あまり似合わない着物の場合は、
顔映りの良い半襟を大きく見せて、
自分に似合う帯を主役にすれば良いのです。
帯に視線を集中させる!
目の錯覚でもなんでもいいからw
工夫して好きなのを着れば良いのです。


それと、化粧には確実に着物用があると思います。

普段の私の化粧(と呼べるのか?)が、
日焼け止めにベビーパウダーをはたいて終わりなので
着物のときも基本は同じなのですが、
着物の時は赤のリップクリームを付けます。
眉も若干書き足して濃い目にします。

愛用のリップクリームはこれ。
地元企業の製品です。
「近江兄弟社 リップドレス」

着物の時は赤。


洋服の時はピンクベージュ。


私の顔がマズいだけかもしれませんが、
唇の色が薄いと着物に負けるのです。
洋服の時よりも赤いものを選ぶとマシになります。

顔の色はいつもより少しぐらい白くても大丈夫。
舞妓さんや芸妓さんは白塗りですよね。
(参考画像 舞妓さん)


ここまでしたら一般人は変ですが、
うっかり日焼け止めを塗り過ぎて若干白くなっても
全然バレません、ていうか大丈夫です。

盲点はうなじですかね。
衣紋を抜くのでまあまあ露出しますから、
首の後ろも日焼け対策をした方が良いです。
意外と焼けるので注意が必要です。

それから一番大切なのは、姿勢。
猫背厳禁。
どんなに似合う着物を着ていても、
どんなに若く美しい人でも、
猫背ですべてぶち壊しです。

スッと伸びた背筋で堂々としていたら
どんな着物でも大丈夫。
好きな着物を着るために工夫して姿勢を正す。
これも着物への愛だと思います。
そうしたら着物もちゃんと応えてくれる気がします。

好きな着物と相思相愛になって、
末永く楽しく暮らしましょう♪( ´▽`)



スポンサーサイト

comment

Secret

ほんとに

2015.11.08.11:18

あれ?って感じ!

今までの感覚を捨てないといけないって
着物で味わうとは思わなかったよ。

面白いね。

舞妓さん、いいわぁ。
ずーっと前に舞妓だったかもなぁ
なんてね(笑


いつもありがとう。

Re: ほんとに

2015.11.08.12:26

ほんと、着物って面白いねー!
だからどんどん冒険しよう!
プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク