FC2ブログ

栗は学んでいます

2019.07.16.13:10

野蛮なクラシック音楽のおかげか、栗は昨日に比べるとたいへん静かになりました。
ビビリは相変わらずですが、反射的にワンワンワン!とやるのを自制するようになってきました。

散歩に出かけても、よその人や犬にもビビリはしますが吠えません。
人間受けの良いマナーと愛らしさが生まれつき備わっているように見えます。

栗は自分で自分の身を守れない非力な犬なので、生きるために必要なスキルとして、吠えて報せることを身に付けたのでしょう。

家が安全であることを理解すれば、番犬をしなくて済むと自分で判断するはずです。
かなり根性の無い犬なので、いつもビクビク怯えっぱなしの番犬をするよりも、遊んで愛される愛玩犬にジョブチェンジ出来ると、栗と義両親のお互いの幸せでしょう。

世の中には警察犬になったトイプードルもいますが、多くのトイプードルの本職は愛玩犬。
栗にはそれが向いていますね。


私が濃厚接触した犬は、テリアのルル、柴犬のポン太、そして栗ですが、犬それぞれに向き不向きがあると感じます。
犬の場合は体格も性格も犬種によって差がはっきりしていて、能力が特化していますね。
でも、人間とパートナーになれる能力はどの犬も素晴らしいです。
犬の能力と習性を理解した上で犬それぞれの強みを活かした良い関係を築けると、最高の仲間になれます。

それにしても、トイプードルの学習能力には驚きます。
この記事を書いている最中にも、
ワン!→ワッ…フ…→ヴーー
という風に吠え方が変化しています。
これはすごいです。
適応力抜群。言い換えると根性無し。
ルルはとにかくへこたれなくて、根比べになると手を焼きました。
それを思うと、栗には拍子抜けするほどです。

ルルのへこたれない明るさ、退かぬ、媚びぬ、省みぬ!

まさにハイランダー戦士!


ポン太の誠実さと控えめな振る舞い。強い顎と牙は人を守るため。

まさに侍!


それぞれタイプは違うけど素晴らしいものでした。

栗はどんな能力が開花するのでしょう。
やはりフランス貴族的なのでしょうか。

パンが無ければお菓子を食べればいいじゃないの


楽しみですw

スポンサーサイト



comment

Secret

笑った!

2019.07.16.19:59

喩えが巧いなあ!

原産国

2019.07.16.23:07

それぞれの特徴が犬にも出てますね
プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク