FC2ブログ

栗はかなりのビビリ犬

2019.07.15.11:27

義両親が栗坊を連れて来ました。
静かな田舎でやりたい放題育っている栗坊は、環境音がまるで違う我が家に戸惑い気味です。
マンションの外廊下を誰かが歩くとワンワン吠え、外から人の声がすると吠え、トラックが通ったりするなどの大きな音がすると吠えます。
室内では洗濯機の動作音にいちいち吠え、家電や隣のベランダ付近から何か物音がする度に吠えまくっています。
ああ、うるさい。
小さな体の割に大きな声です。

栗坊は田舎で番犬をやっているので、警らと警告が仕事だと思い込んでいる模様です。
これをマンションではやらなくて良いということを、どうやって伝えれば良いのか……

栗が吠えるパターンを観察してみたところ、どうも怯えて吠えているっぽいことが分かりました。
突然の物音にビクっとして反射的にワンワンワン!とやってる。
たとえそれが微かな物音でも。
突然割り込んで来るものに対して怯えています。
かなりの小心犬というか、ビビリです。

くしゃみや咳にも反応するだろうなと予想したら、案の定くしゃみにもビビってました。

明日は小学校の物音もするだろうし(かなりうるさいw)我が家を取り巻く環境は変えようがありません。
私にとっては不快ではない音なのですが、栗には慣れない正体不明の物音で怖いだろうと思います。
一刻も早く慣れてもらう必要があります。


そこで、クラシック音楽を聞かせてみることにしました。
音の情報量が多いので。
バブの持ってるメタルの方が音量とか音楽としてはうるさいのですが、パターンが単純なのですぐに慣れてしまい、訓練には不向きなのです。
栗坊はあっと言う間にパターンを学習してしまうのです。
(プードルは知能が高いと一般的に言われているが、栗を観察していると納得できる)

まずはチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲。
完全な静寂に突然割って入る音とか、緩急や強弱がいろいろなので、パターンとして覚えるまでに時間がかかります。
思った通り、ヴァイオリンのカデンツァ部分でビクっとしてワンワンワン!
あと第3楽章の導入部もビクっとしてました。
突然のジャン!で曲が始まるから。

次はドヴォルザークの新世界を聞かせてみようっと。
風雲急を告げる雷のようなティンパニとか、突然鳴り響く金管のファンファーレとか、ビックリして吠えるだろうなあw

曲と演奏者によっては、かなり野蛮な音楽になるのがクラシックであります。
意地悪してるんじゃありません。
いちいち物音に動じないための訓練です。

この訓練がどうなるか分かりませんが、一刻も早く栗が環境に慣れて、義両親の帰宅まで落ち着いて過ごせると良いなと思います。




スポンサーサイト

comment

Secret

さすが賢者

2019.07.15.18:58

アタシなら吼えないように
口に「無駄吼え防止なんちゃれ」を付けるね。


(無慈悲な王より)

ワンワンワン!

2019.07.16.07:53

とやらかしてたのが夕方には
ワン!
程度になりましたw

少しずつ学習しているようです。
プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク