FC2ブログ

素直さが明暗を分ける

2019.04.29.05:11

ウツ病で短大を留年した私は、2年生を2回やってます。
2回目の時にできた友達が2人いて、2人ともメンヘラでした。

ひとりは双極性障害の不思議ちゃん。
躁状態とウツ状態が交互に出るというもの。
どっちかというと、彼女の場合は躁多め。
ハイになってる時は眠らない、早口になる、馬車馬のように何かやってました。
思いつきがポンポン飛ぶ上、それを即実行するので、周りを驚かせていました。

もうひとりは、摂食障害の美人ちゃん。
当時は拒食症といいました。
骨と皮ばかりにガリガリに痩せてるくせに、本人は「まだ太ってる、もっと痩せなきゃ」と食べません。
食べたら喉に手を入れて吐き戻してるようでした。


2人とも遠方に住んでいますが、今も友達です。
私は2人に同じように、手紙を出しまくってました。
今思うと、「書く行」みたいなことを2人に対してしていました。

その後、PANDORAに出会ってから「書く行」のことを知り、偶然にも同じようなことをしていたので驚きました。
その頃には「書く行」に効果があることを実感し始めていたので、「人間のはなし」などを書き写して2人に送っていました。


ハイな不思議ちゃんの方はすぐさま私の真似をして、「書く行」のような手紙を私に寄越すようになりました。

その後彼女は多少の気分の浮き沈みはあるものの、それを素直に自覚し、やり過ごせるようになりました。
今は二児の母であり、看護師としてもバリバリ働いて、パワフルな不思議ちゃんぶりは相変わらずですが、大人の分別で自分と家族を守ることが出来るようになりました。

素直に「書く行」を取り入れて実行してみた結果、うまくいきました。
もちろん彼女自身、「書く行」以外の部分でも相当な努力をしたと思います。


摂食障害の美人ちゃんのほうは、一歩踏み出せないようでした。

「あやにゃんと不思議ちゃんは気分障害だけど、私は摂食障害だし、身体も悪いとこだらけだし……」
と、出来ない理由を並べて、書く行を試してみることさえ躊躇っていました。
ただ書くだけなのに、何をためらうことがあるのだろう……

結局、美人ちゃんは「書く行」をしませんでした。

20年以上経った今、美人ちゃんはどんどん病気が増えています。
「卵巣に腫瘍がある、膠原病かもしれない、歯が悪くなっている……」

20代の頃、私と不思議ちゃんから「毒親から離れろ」と散々言われているのですが、デモデモダッテで結局今も親と同居していて、「親と離れられていいね、私はダメだったよ…」と書いて寄越してきたりします。

20年前から言ってたのに…( ;´・ω・`)

そのくせ結婚したいと言う。
片っ端から断ってたくせに、今更そんな…( ;´・ω・`)

書いてるうちに鮮明に思い出してきたw


10年ほど前、メンヘラだけど美人なので、親戚の世話焼き婆さんが見合い話をたくさん持ってきたことがあったそうです。

その中で美人ちゃんが気に入ったのが、和菓子屋さんの話でした。
若女将に来て欲しいという見合いで、既に先方は美人ちゃんのことを大変気に入っていたという好条件でした。
いきなり毎日店に出なくても良い、店のことはゆっくり覚えてくれたら良い、家族でやってる自営業だから美人ちゃんは療養もできる、たいへん有難い申し出だったのです。
先方は美人ちゃんの摂食障害の既往歴や情緒不安定なところも承知の上で、来て欲しいと申し出てくれたのです。

それを、自信がないと言って蹴りました。

何度か若旦那と食事して、いい人そうだと書いて寄越してきてたのにー
自分の毒親と暮らし続けるよりも和菓子屋に嫁ぐほうが断然良さそうなのにー
美人だし気立ては良いし、是非にと言われてたのに。

「和菓子屋さんはいい人たちだし、すごく楽しそうなんだけど、私は実の親ともうまくやって行けないのに、他人と一緒に暮らす自信が無い」と言うのです。

いや、それはあなたの親が2人とも猛毒だから!
あなたの毒親とは、誰も同居したくないというか、出来ないから!
そんなのと同居してたんだから、普通に分別のある大人となら誰とでもやって行けるって!

と、手紙と電話で説得を試みたんですが、ダメでした。
あああ、もったいない!!
不思議ちゃんと私は本当に悔しい思いをしました。
結婚なんて他人にどうにか出来ることではないけど、美人ちゃんが一歩踏み出していれば乗れた話なんです。

「絶対いい話だよね、和菓子屋の仕事はゆっくり教えてくれるとかさ、面白そうなのにね。てか、断るなら私にその話をくれ!」
と、不思議ちゃんは吠えてましたw


この美人ちゃんは独自の拘りがあって、素直に動かないんです。
石橋を叩いて壊して途方に暮れる。

せめて「書く行」をやっていれば……と思います。
自分の本心を自覚しやすくなるし、自分の状況を客観視する助けになるからです。

素直さが明暗を分けたと思います。



スポンサーサイト



comment

Secret

本当に

2019.04.29.17:15

そう思うよ。
なんだかな~
その美人さん。
勿体無いねえ。

他人のことで

2019.04.29.19:03

悔やむことは少ないのですが
これだけは未だに悔やまれます。

思い切って流れに乗ってみる
少しの勇気と素直さは必要
という教訓を得ましたが……

他人に分からせることは不可能
ということも分かりました。
プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク