FC2ブログ

今日も引き続き

2019.04.19.18:41

昨日に引き続き、今日もほぼ一日中眠りとともに過ごしておりました。
よくもまあ、こんなに眠れるものだ。

今日もたくさん夢を見ました。
特に印象的なのは、小学5年から高校卒業まで住んでた団地の夢でした。
たったの8年間住んでた団地ですが、人格形成に与えた影響からすると、ここで過ごした間の出来事が私の人生の全てと言ってしまっていいでしょうね。
この団地は、今までに何度も夢の中の家として登場しています。


大人になった今の私と、最後に見た時の弟(27)が登場しました。
母はいなかったな。

団地は狭くて暗い部屋で、夜になってました。
私は一通り見て回って、あっという間に見終わって、部屋にいた弟に話しかけました。
「この部屋はひどい臭いだね。虫、湿気、タバコ、カビの臭いがするよ」
弟は「へえ、そうかな?」とキョトンとしていました。
実際には無かった、年季の入った大きな金ピカの仏壇の前で、弟は寛いで座っていました。
仏壇はたいへん手入れされて花など飾ってあり、祖父の家のものに似ていると思い、部屋が狭いので、まるで弟が仏壇を背負っているかのように見えました。

二人ともここに住んでいるわけではなく、ただ興味本位で見に来ただけという感じでした。


おそらく夢で弟に会ったと思います。
弟にとっては、高校2年から卒業までの間、一人暮らしをした団地で、おそらく彼にとっては楽しい場所です。

私は逃げ出したいけどここに帰るより他無かった場所です。
姉弟間の認識の違いを確認したのでしょう。

この団地に住んでいない設定の夢を見たのは、今日が初めてです。
これは、ちょっと、かなり、顕在意識の私が、潜在意識に迫ってきたのでは……?
ウツ病体験掘り起こしキャンペーンの成果かも?

弟は仏壇を背負っているような格好に見え、寛いでいました。
綺麗に手入れされている仏壇で嫌な感じがしませんでした。
弟が先祖を背負っているということでしょうか。
最後に会ったのは、祖父の葬儀の時です。
祖父は弟を誰よりも一番可愛がっていました。
祖父の供養は心の面では弟が担っているということかな。

先祖供養を引き受けてくれているとは(まだそうと決まったわけではない)、我が弟ながら頼もしいやつじゃ。
ありがとう、ありがとう。
とりあえず彼の無事と幸福を祈っておきます。

スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク