FC2ブログ

ルルの京都散歩③出水の桜

2019.03.28.07:20

京都散歩②二条城 本丸の続きです

京都御苑ですよ。
ぼくたちは丸太町通りに面した入り口から入るです。
お目当ての出水の桜が京都御苑内の南西部にあるからです。

とても広いです。
しかも、生身の犬の散歩もできるです。
ぼく近所に住んでたら、絶対毎日来ただろうなと思うです。
森や小川があって、とても気持ちの良いところです。
しかも、無料です!

えっと、写真を撮り忘れているです。
母ちゃんたちは、サンドイッチを買ったですからね、何処で食べようかと場所を物色して撮影を忘れていたです。
ごめんね!

京都御苑内は木が多くて、どの木も大きくノビノビ育っているですよ。
NRさんとでりあさんが、雪柳の植栽の大きさに驚いていたです。
人間の背丈を超えて伸び放題になっているです。

御苑内の空き地に見える森や小さな神社は、お公家さんの邸宅の跡地です。
今はみんなの公園です。
車通りの多い道路から一歩入っただけなのに、とても静かで長閑な空間になるですよ。
ぼく京都御苑が大好きです。

見えてきたですよ!
これが出水の枝垂れ桜です。
ちょうど満開の見頃です! 凄いですね。
これ一本だけですが、絵に描いたような姿です。


みんなここで記念撮影するですね。
あまりにも綺麗ですからね、嬉しくなるですね。


枝垂れているですから、お花が近いですよ。


母ちゃんのスマホでは、美しさをお伝えし切れないのが残念です。


枝垂れ桜さんが「ようこそいらっしいました」と歓迎してくれているようですよ。
ぼく平安貴族を真似て一首詠んでみるです。

風そよぐ 出水の小川の枝垂れ花
今は春べと さくやこの花
(詠み犬 光のルル)

京都御苑の出水の小川のほとりに枝垂れ桜が咲いて風に揺れてるです。今まさに春ですよ!と、この満開の枝垂れ桜が教えてくれているですよ。


サクヤコノハナという言葉が入っているですが、これは木花咲耶姫のことでもあるです。
木の花が咲くように繁栄するですが、永遠ではないことも表しているです。
桜満開、でもそれは今だけ。
だから今を大切に、イマイマにキを入れて過ごしてくださいです!
という、ぼくからの応援歌でもあるですよ。


とは言うものの、、
下の句は「難波津の歌」を丸パクリしたです。

難波津の歌は、応神天皇が招聘した百済の国の賢人、和邇(わに)さんが詠んだです。
元はこれです。
「難波津に咲くやこの花冬ごもり 今は春辺と咲くやこの花」

京都御苑にいると、こういう雅な気分になるですね。

ところで、「出水」の読み方が、実は分からないです。
ぼくと母ちゃんは「でみず」と読んでたですが、今日になってから「いみず」かもしれないと思い始めたです。
調べてみたけど、京都御苑内の「出水」はどうなのか分からなかったです。
知っている人がおられたら、教えてくださいです。

京都散歩④護王神社に続く

スポンサーサイト

comment

Secret

出水

2019.03.28.14:12

出水はいずみだと思う。

出水は

2019.03.28.14:18

いずみ、だったですか。

これでぼくの長年の疑問が解消されたです。
ありがとうです!
プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク