FC2ブログ

栗坊、義両親をおちょくる

2019.03.26.06:13

義両親の愛犬、栗は生後8カ月。
やんちゃ盛りです。
体重は3キロほどですかね。
たいへん身軽で、ソファの上に軽々と飛び乗り、家中走り回っていました。

義両親、何故か栗の躾を私に丸投げするんです。
今回はトイレの失敗をするのをなんとかして欲しいと言いました。

まずは普段の様子を見て判断したかったので、黙ってじっと観察してみました。
すると、義両親が揃っているときに栗がトイレを誤爆しました。
義両親が「あ゛ーーー!」などと大声を出して、てんやわんやの大騒ぎをしています。

栗が粗相をする原因が分かりました。

義両親に聴き取り調査を行なってみると、粗相をするたび大騒ぎしているらしい。義両親が。
そして、義両親が大騒ぎするのを栗は面白がっていました。

そこで、粗相をしても、栗を見ない、触らない、話しかけない、声を出さない、知らん顔してサッと後始末すること、成功した時だけ声をかけて褒めるよう指導しました。

すると栗は、トイレの近くで義両親の様子を窺ってから、今度はトイレシートの上でしました。
そこですかさず褒めてあげると、栗は喜びました。

トイレも芸のうちだということを義両親が納得したら、栗はトイレを誤爆しなくなりました。

今までは義両親をおちょくっていたんですね。
「おちょくる」というのは、「からかう」という意味の方言です。

離れの座敷にも栗のトイレがあるのですが、そこでも粗相をしなかったので、義両親は驚いていました。
今までは床の間で粗相をするのが常態化していたのだとか。
栗は大騒ぎされるのを面白がっていただけなんですね。

義両親の大騒ぎはもちろん問題有りですが、栗坊の体力が有り余っているのもイタズラを誘発する要因になっています。

そこで私はまず、栗坊と散歩に出かけました。
ルルやポン太さんと比べ物にならないほど、距離も時間も短い散歩だったのですが、、
義両親は「たっぷり散歩したね!」と驚いていました。
たったの15分ですやん。
健康な子犬にこれでは足りないですよ。
散歩不足でストレスを溜めた結果、イタズラして暴れて発散していたのだと思いました。

散歩後は丸まって眠り、目覚めてからも私にブラッシングされたり、抱っこされたり、好きに触らせてくれるようになりました。

犬と仲良くなりたいときは、私は甘やかすよりもまず一緒に散歩や運動をするようにしています。
たっぷりと運動、気分転換をして、甘やかすのはその後でいいです。
一緒に運動して楽しく遊んだ後は犬がリラックスしているので、お手入れもさせてくれますね。

栗はたったの数時間でこれを体得してくれました。
かなり要領が良いですね。





散歩の後は眠そうにしながらも、膝の上でブラッシングが出来ました。
義父が「ブラシなんて初めてできた!」と喜んでいたので、今までは暴れて大変だったことが分かりました。



義母は栗に洋服を着せて散歩したことに驚いていました。
「栗は、服を食べ物だと思っている」と義母が言ってたんですが……
「服を着ると散歩に行ける!」と思うと嬉しくて、噛んで暴れたくなっただけでしょう。

義両親は所々、栗の考えや気持ちを読み間違えていたので、結果的に不味い対応になっていたのでした。
この齟齬を正せばうまく行くでしょう。
なんたって、二人とも栗坊を溺愛しているのだから。

スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク