FC2ブログ

クロスステッチ

2019.03.14.06:58

昨日ドイツから荷物が届きました。

バブのヤツめ、また何か買ったな。

バブが帰宅して開封しているのを見ていると……



クロスステッチの刺繍キットでした。
ドイツ製なのかと思ったら、ロシアの刺繍キットメーカーのものでした。

なるほど。
言われてみると、陰影の付け方がロマン主義的。

飼い主を見上げているであろう犬の視線と目の輝き、尻尾の立ち具合から、この犬は好物のおやつかお気に入りのおもちゃに注目しています。
今にも飛び上がりそうになるのを我慢してヨダレを垂らさんばかりの勢いで飼い主と好物を交互に見つめて目が潤んでいます。
後脚は縮んでいるが完全にお座りしているわけではなく、尻尾も緊張していることから「ヨシ!」と言われるや否や飛び上がってやるぞとスタンバイしていることが伺えます。
毛は長めに整えられており、飼い主の手入れが完璧に行き届いて大切にされていることが分かります。
ランダムに流れた毛先は、この犬が健康で活発であることを物語っています。

犬のひたむきさと飼い主への信頼が静かな躍動感と共に見事に表現された、微笑ましくも格調高い逸品。

バブちゃん作れへんけど、あやにゃんやったら作れると思って買ったよ!(・∀・)ニヤニヤ

この赤い首輪の部分を青で作ったらルルちゃんになると思わへん?


昨夜から刺繍キットを見える所に飾り、目に入る度に
わあ!可愛い!!
と叫んでいるバブであります。

この刺繍キット、数年前から目を付けていたそうです。
結構高いが価格の変動も激しく、バブは価格の推移をずっと観察していたらしい。
そして先日、過去最低価格になっていたところをポチっと。

王魂は適材適所を心得た仕事をさせるのがうまいですね。
それはそうとして、偏執狂的な執念深さ。
当初のモチベーションが何年も持続するなんて、飽き性な私から見ると頭おかしいです。

それから「ロマン主義的」って書いたけど、ロマン主義が何なのか分かってません。
ロシアっぽいと思って適当に思いつきで書きました。
(ペテン師の賢者魂より)


スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク