FC2ブログ

耳が覚えていたメンデルスゾーン

2019.03.12.07:11

最近チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲を気に入ったバブ。
他のヴァイオリン協奏曲も味見してみたくなってYoutubeを検索していたら、メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲を耳にしました。

バブは冒頭を聞いて「うわ、甘ったるくて好きじゃないかも」と言いました。
ところが私は「これ知ってる!」と突然子供時代の記憶が蘇ってきたのであります。


子供時代、小学3年生~4年生ぐらいの期間、母がしつこく聴いていたのがメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲だったのです。
当時の母の彼氏が好きな曲だったのでしょうね。
多分100回以上聴いてます。

私は曲名とか作曲家を全く知らずにいたので、音を聞くまで思い出せなかったのでした。

でも、Youtubeで聞いたメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲は違うと感じました。
同じ曲だけど、テンポとかタメとかヴァイオリンの引っ張り具合とか(専門用語がわからん)記憶にある音楽と違うんです。
それで記憶を頼りにYoutubeを探してみました。

そしたらありました!
私が子供の頃に馴染んだ音楽。
ヴァイオリンはアンネ=ゾフィー・ムター、指揮はカラヤン、1980年の録音です。
https://m.youtube.com/watch?v=k3uydqcGgVw&feature=youtu.be

私が聴いていたのはコレだったんだー!(・∀・)
冒頭を聞いた瞬間分かりました。間違いない。
記憶にある通りのテンポ、展開、音。
他の演奏だとコレジャナイ感が半端なかった。
ネットすげえ。ああ、スッキリしたー♪

母が聴いていたのが聞こえてくるだけで自分から聴いていたわけではありませんが、私はこの曲を嫌いではありませんでした。
むしろ心地良かったです。

子供って、何でもスポンジみたいに吸収してるんだなあ。


子供の頃に刷り込まれた記憶がそのまま私の中のスタンダードになってしまっているので、他の演奏を受け入れ難くなってしまっています。
ある種の洗脳ですね。なかなかしぶとい。

これ、個人の趣味の範囲にあるモノだから良いですが、モノの捉え方や価値観で妙な洗脳があったら大変そうです。
音楽みたいに即違和感を覚える種類の洗脳でなければ、洗脳の存在にすら気付けないかもしれません。

私はそんな洗脳を解こうと努力しているうちの一人であります。

でも、メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲は名曲だと思います。
流麗でゴージャスで好き♪
きっと多くの素晴らしい名演があると思います。
他の演奏家版も楽しく聴けるよう、洗脳を解除したいです。


オマケ

12歳のメンデルスゾーンの肖像画。少女みたいですね。


これも検索すると散見されるメンデルスゾーンの肖像画。マジですか?昭和の少女マンガに登場する王子様みたいなんですけど。


スポンサーサイト

comment

Secret

音楽

2019.03.14.16:47

曲名と音楽が殆ど一致していない私だけど聴いてみた。
聴いたら分かった。
「聴いたことある」
「あの曲かあ」
と。

音を聞けば

2019.03.14.18:23

耳が覚えているんですよね。
私も数十年曲名が分からなかったので
Youtubeのおかげでスッキリ。

他にももう一度聴きたい音楽があるのに、
曲名が分からないから探しようが無いw
プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク