FC2ブログ

インテリア改造計画

2019.03.10.08:22

Netflixで、イギリスの「インテリア改造計画」という番組を配信しています。
イギリス国内の様々な家の内装を、アマチュアデザイナーがコンテスト形式で改装して競うというものです。

これに登場するイギリスの家が、時代も地域も様々で実に素晴らしいんです。
素晴らしい建築を残すための法律があるらしく、保存指定を受けた建物の外装や梁などを改造してはいけない決まりになっています。
でも、内装はかなり自由にやりたい放題。
壁や天井をペンキで塗り替えるとか、壁紙や床材を変えるとか、とても簡単そうに気軽にやってる印象を受けます。

街も緑が豊かで、家々の周りには花木が必ず植えられています。
街ごとに特色のある建築があり、時代を感じさせます。
いつの時代のどんな人がどういった目的で建築した建物なのか?
ということが細かくはっきり分かっていて、後に住人が変わっても、家の歴史として尊重されています。
少なくともこの番組では、建築物への尊敬と感謝の念を感じます。

古ければ古いほど価値が高く、それを使い続けていることがさらに大切。
古いドアをテーブルにしてしまうとか。
ソファを張り替えてずっと使い続けるとか。

それに、イギリスの庶民の家は小さいんです。
狭いし、天井低いし。
それでも年数を経て大切にされているし、快適に過ごすための工夫が見てとれて親近感を覚えます。

リリパットレーンができたのも、イギリス人が家を大切に思っているからなんだな…と分かりました。

スポンサーサイト

comment

Secret

悟ったね。

2019.03.10.18:15

リリパットレーンのサトリ(理解)が進んだ(深まった)ので
その背景とかに気づくようになったね。
ただモノだけ集めて楽しむのもいいが
それ以上の収穫がある人も居る。

私は「シンブルといい、ティーポットといい(面白いのが売られている)
リリパットレーンと言い、英国人は瀬戸物集めんの、好きだな=」です。
でもそれは日本人が「蕎麦猪口、ぐい飲みなどを集める」のと良く似ている。
日本人と英国人は似ているからだと思う。

日本人と英国人

2019.03.10.21:32

ミニチュア好きなところも似てますね。
精巧なミニチュアを職人が作り、大人が楽しむ。
いろいろ似てる部分を見つけると面白いです。

リリパットレーンを所有して初めて分かってきました。
プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク