FC2ブログ

2年前の今頃

2019.03.06.09:39

2年前の今頃、ルルの具合が突然悪くなりました。
本当は随分前からじわじわと進行していたはずですが、病気の兆候が分かりませんでした。
既に末期になっていた腎不全が分かってからの、ルルが死ぬまでの5ヶ月間の看病の記録がノート3冊分あります。
見るのがつらいノートですが、ルルが頑張った記録なので捨てられません。

我慢強い犬だったなあ。

今までに私が経験した病気や怪我なんて、ルルが死ぬ前の5ヶ月間に比べたら屁みたいなもんです。
小さな体で、よく頑張ってくれました。
毎日だるくて、吐き気がして、気分が悪くて、全身痛くて最悪だったはずですが、それでも可愛かったです。
気分がマシな日は、はしゃぐ姿を見せることもありました。
フラフラで歩けないくせに、すぱのば号の上からライバル犬に吠えて貧血を起こして倒れたりもしました。

ルルは最後の瞬間まで意識がはっきりしていて、体はかなりしんどかったはずなのに、私とバブを信頼してくれていました。
体の苦しみを取り除いてあげることが出来ないのに、それでも意識がはっきりしているのは、却って酷なように感じることさえありました。

可愛い可愛いルルちゃんが苦しんでいるのに、何も為す術が無いのは辛かったです。
今もつらいです。

だから、花粉症で鼻詰まりがしんどいとか、目が痒いとかの文句を、バブと私はお互いに言わなくなりました。
どんな症状があるかの事実報告はしますが、そこに嫌だとか気分が悪いなどの感情が乗りません。
花粉症如きではイライラしなくなっています。

ルルちゃんが味わっていた苦痛に比べたら、あまりにも些細なことだから。

スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク