FC2ブログ

思春期に過ごした町の夢

2019.02.16.08:53

Lykeionの課題準備でこれまでの人生を振り返っています。
その影響か、最近の夢は少し奇妙な感じです。

思春期から過ごし、就職した町がほぼ毎日出てきます。
母と共依存関係にあった時期に過ごしていた町です。

夢の中で私はその町である程度大人の姿になっています。
でも、身柄を拘束されそうになるとか、閉じ込められるとか、不自由な状況に陥ります。
しかし私はそれを深刻にならずに何とか切り抜け、最終的に脱出しています。

今朝はこんな夢を見ました。


【バスの夢】
弟(だと思ってる男子高校生)と一緒に路線バスに乗っている。
当時の自宅最寄りのバス停のいくつか手前で降りることにしていたので、弟が先に降りた。
ところが私は小銭の持ち合わせが無く、千円札を両替しようとした。
すると、二人の乗客に割り込まれて順番待ちをさせられてしまった。
それでも私は冷静に待っていた。
その間にバスのドアが閉められ、私は閉じ込められたような気分になり、少し不安になった。
弟は「んじゃ、俺先に行くから!」と行ってしまった。
私は「ここで降りますから!!」と宣言して、バスを発車させたら暴れてやろうと自分を奮い立たせた。

運転手は私にいろいろと話しかけてきて、私を降ろすまいとしているように思えた。
料金は800円台だったので、(高いな)と思いながらも「料金を確認して下さい!」と言いながら、両手に山盛りになるほどの小銭を運転手に渡した。
すると運転手は数えるのを面倒くさがって料金箱に小銭を入れ、自動計測させた。

すると4円多かった。
運転手はお釣りの代わりに(バスの料金箱はお釣りが出ない)地元銀行で使える金券だと言いながら、ただのチラシを切っただけの紙切れを10円分私に恩着せがましく手渡してドアを開けた。

私はバスから降りて、自分の足で歩き始めた。
すると近くに弟がいて、「何やっててん、トロいなw」と言い、お釣りだと言われた紙切れを見て「セコいな~」と呆れていた。

《解釈》
バスの運転手は、母親だと思う。
同じ路線をぐるぐる回っているだけなのだが、その間だけは乗客を支配している。
また、母は地元でしか大きな顔が出来ないことも表している。
子供時代に母が私と弟を支配していたことの表れだと思う。

弟と思われる高校生が先にバスを降りたのは、
弟は高校卒業してすぐに就職して一人暮らしを始めたことを表している。
私だけ閉じ込められ、かなり高い料金を払わされたのは、
就職後もしばらく搾取子として支配されていたことを表している。

運転手が手渡した小銭を数えるのを面倒くさがったのは、そのまま母の性格を表している。
彼女は人前で小銭をいちいち数えることを貧乏臭いと思って見下しているところがあった。
そのくせドケチで、その自己矛盾を全く自覚していない。

支払った料金が4円多かったため、バスを降ろさざるを得なくなったのは、
私を支援する存在があったことを示している。
それに対してただの紙切れで10円分のお釣りを渡してきたのは、
十分な援助をしたという母の心情を示している。
しかしチラシを切っただけの紙切れであり、実体のないハリボテだということは誰の目にも明らかであることを表している。

私がわざとたくさんの小銭を手渡して運転手を煙に巻いたことは、
実際に母から逃亡するとき、見栄っ張りな母の体面を保つよう煙に巻いて、表立って争わないよう行動すれば成功したことを表している。

運転手がお釣りの代わりに渡した紙切れは、
母が思っている十分な援助は、私にとっては何の価値もないものだということの表れ。


PANDORAに出会う前のことです。

搾取子の私を手放したくなかった母の意図が私の友人にバレたことで、結果的に私を救出する外部の支援を引き出すことになりました。

当時の私は病んで正常な判断力を失っていたし、母も私を手放すまいと感情的になっていました。
ウツ病で退職した私を、母は窓の無い部屋に監禁したんですね。
その間に私の靴を捨てて逃げられないようにもしていました。
母の再婚相手はこの件に関しては空気で、私が監禁されていても平然としていました。

当時の私はそれを異常だと感じないほどに病んでいました。

突然私と連絡が取れなくなったことで元同僚と友人が異変に気付き、連携して私を着の身着のままで脱出させてくれたことがあります。
ウツ病の薬を飲んでいたので、その頃の記憶はかなり曖昧なのですが、何となく覚えています。
それ以降、母と単独で会うことは避けています。

私は(もっとうまくやれれば良かった)と心の底で思っているのでしょう。
だから自力で脱出する夢を繰り返し見ているのだと思います。

元同僚と当時の友人はその後結婚して遠方に引っ越したので、自然と疎遠になりました。
そういう縁だったということでしょうが、今もたまに思い出して感謝しています。

スポンサーサイト

comment

Secret

夢解読

2019.02.16.17:49

巧い。

自分のことなら

2019.02.16.22:56

何となく分かるときもあります。

他人の夢を読める人って、凄い。
プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク