FC2ブログ

腹立つポイントと死亡フラグ

2019.02.06.14:01

昨日の記事を書いた後、思いました。

ちょっと勘違いした老人に言われたことぐらい適当に聞き流しておけば良いのに。
何故その時腹が立ったのか考えてみたら、以前よりも少し自分に対する理解が深まりました。

私は考え方を制限されたり、指図されたりすることに腹を立てる傾向があるらしい。
魂の役割が思考の軸だからだと思います。

たとえ劣っていようが、足りなかろうが、穴があろうが、自分なりに考えることを大切に思っているのです。
下手な考え休むに似たり
という言葉もありますが、それでもいいから自分で考えることを放棄したくないと思っているのです。
判断を他人に委ねてしまうことに対して、かなり抵抗があります。

では何故そう思うのかというと、思春期に母親の言いなりになって自分を守っているつもりだった自分自身に腹を立てているからです。
子供だったから仕方がなかったけれど、せめてあの時もっと自分に知恵と立ち向かう勇気があれば、、と悔しいんですね。


で、もう少し考えてみたら、私は変に自信を持ってしまうと危ういことも分かりました。

自分で考えて決めたんだもんね
私は分かってるんだもんね

という風に自分の考えに固執してしまうかもしれないから。
自信過剰にならないよう気をつけ続ける必要があります。


夫が王魂なのは、私にとって幸運です。
王魂の考えることは常に私の発想の斜め上なので、私に理解不能なことがあることを日常的に分かることができます。
世の中のほとんどが私の理解を超えているのだということを、王魂は意図せず教えてくれています。

特に私は成人期の4段階なので、「戦士!一夢庵」から引用すると
《現在の年代を心地よく感じ、外交的な行動をとる傾向が強く、魂はカルマを生み出そうとする。》
ということで、
◆私はうまくやっている
と思い込んでしまいやすいし、そうなると大変心地よいので、そこから抜け出せなくなってしまいます。

うまくやってるように思える時こそ危険
ということを頭に叩き込んでおかなければ。

うまくいってる
ではなくて
うまくやってる
という思いが生じたら死亡フラグです、私の場合。

自分で自分を巧妙に騙してしまうので、どうなったら自信過剰で、どの程度が適切なのか?というのは、残念ながらよく分かりません。
だから気をつけると言っても、出来ないかもしれない。
しかしそれは私の力不足ってことで、仕方がありません。

今回もうひとつ分かったのは、カチンと来たりムカッとした段階で、既に私は自信過剰になってるということです。
常に自信が無かった子供時代~若い頃は、カチムカを全く自覚出来なかったので。

てことは、腹を立てたら死亡フラグ……なのか?
だからって腹を立てずにいることは出来ないので、せめて、沸点を上げていこうと思います。

スポンサーサイト

comment

Secret

賢者が

2019.02.07.17:24

妙に自信を持ってしまうのは分かる。
周囲の賢者がその傾向がある。
そして王と聖職者も妙な自信に満ち溢れてしまう傾向がある。
これは高位の性質から来るのかもしれない。
肝心なのはそれを自覚することだと思う
(と、自分に言い聞かせる)

バブなんかは

2019.02.07.21:40

いつも自信たっぷりです。
自信たっぷりなことをアピールします。
自覚してると言えるのかな??
プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク