FC2ブログ

ムカついたこと

2019.02.06.07:44

ふと思い出した。
おそらく幼児期魂と思われる老人と話したとき。

私はモノゴトが分かってないので、もっと分かるようになりたいと言いました。
するとその人は言いました。

いや、キミはもう十分過ぎるほど分かってるんだから、これ以上分かろうとしなくてもいいし、もっとラクに生きなよ!

上から目線で
オマエは成長の余地も無ければ成長する必要も無い
と言われたように感じてムカつきました。

スゴイねー、偉い、偉いw
でも、もっと俺みたいにラクになりなよー


てな感じの堕落した方向からの上から目線だったので。

でも、当時は(年上の人だし、私より人生経験のある人だし、よく知らない人だし、ムカついたことは黙っていよう)と思って当たり障りの無い返事をして我慢しました。

しなくても良い我慢をしていました。

この人、会社経営してたらしいんですが、こんなだから会社が潰れるんだと思いました。
家族に逃げられ、成人している子供たちと連絡が取れなくなってました。
それを本人は
「あらゆるしがらみから解放されてラクになった」
と言ってましたが、だったら他人に構うなや。
一人でタヒね。

よく知りもしない他人(自分より年下の女)に訳知り顔でアドバイスしたがる老人は全員孤独死しろ。


文句を言うだけでは面白くないので、今回学んだことも書いてみます。

私は教えたがりの賢者魂なので、気付かないうちにこんな老人にならないよう気をつけなくては。

◆相手が知りたがっているかどうか
◆相手にとって必要かどうか
◆適切なタイミングか

見極める力もモノゴトを分かる力の一部かな。
やはり私はまだ何も分かってない
ということが分かりました。


老人はサッサとタヒね

思ったことについて罪悪感を覚える必要が無かったことも分かりました。

しなくても良い我慢をする癖が私にあったことも分かりました。

必要な我慢と、しなくても良い我慢の差が取れてなかったし、今もよく分かってないことも分かりました。


スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク