FC2ブログ

幼稚な義父

2019.01.13.22:07

義母から電話がありました。
些細なことで義父がブチ切れて怒り出したそうで。
義母は気持ちを聞いて共感して欲しいだけなので、愚痴ったら落ち着きました。
よくあることです。
こうして義母は自分の気分を立て直しているのです。
それが分かるから、こっちも聞き役になれます。

義父は地方銀行の支店長でした。
老人になってただの爺さんになってからというもの、他人が義父にペコペコしないのが気に入らないかもしれない……
と、私は勝手に予想しています。
義父は人知れず勝手に屈辱感を覚えているかも…。
栗坊が義母にばかり懐いているのも気に入らないだろうと思っています。

それで鬱積しているお門違いなストレスを義母にぶつけているのではないか?
と推理しています。

義父は、、
長男のバブには言い負かされるし
私は反撃するし
娘(義妹)や孫には嫌われたくないし、、
残るは一番身近な義母だけです。

義父は決定的に他人と敵対できない、ハッキリ言えないほうなので、アワだろうと思います。

言わない(言えない)代わりにあからさまに不機嫌そうな態度を取って周りにお守りをしてもらおうとする幼稚な爺であります。
魂の年齢は乳児期か幼児期でしょう。
一人で自分の気分を立て直すことが出来ないので。

魂の年齢はそんなモンだとして、
老人になって脳が萎縮してきて堪え性がなくなっているのもあると思います。
あとは、認知症の疑いもありますね。

どう転んでも義母さんと我々にとって幸せな過程を辿ればいいなと思います。

義父の幸せは、今の私には他人の犠牲の上にしか成立しないように思われます。
そんな義父の幸せを祈るのは誰かを不幸にするのと同じなので、今の私には祈りたくない案件であります。
だからといって不幸を願ってもいませんが。

私は善人ではないので、義父の件についてはスルーしています。

スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク