FC2ブログ

モフモフ補給

2018.12.03.19:50

日曜にバブとドッグショー見学に行きました。
犬図鑑に載っているような珍しい犬もいますが、私とバブはルルと同じ犬種を見るのが主目的です。
モフモフ成分に飢えているので。
ペットショップの子犬ではなく、大切に飼われている大人の犬が見たいからです。

出場している人は純血種の基準に合う犬を繁殖して、チャンピオンになると子犬が高く売れたりするので必死です。
見物している人も関係者とか、トリマー学校の学生さんが多い感じです。

もちろん一般の見物客もいます。
ペットの犬も飼い主に連れられて見物に来ているので、可愛いワンちゃんたちを眺めて癒されました。
お客さんがマナーを守っているところも安心感があるし、それぞれの飼い主さんと愛犬の絆を感じました。

それと、犬グッズの販売もたくさん!
自然派のおやつやフード、シャンプー、犬服、おもちゃ、キャリーバッグやカートも豊富です。
プロ用のハサミやバリカンの販売に、鋏研ぎ師の出張もありました。

さて、いよいよウエストハイランド・ホワイトテリアの登場。
ショー自体はすごくあっさりしてます。
トコトコ歩く様子を見て、体つきや歯の状態を見て、あっという間にチャンピオンが決まっていきます。

出場していた犬の中に、生前のルルによく似た雰囲気の表情と仕草をする犬がいました。
バブは「あの子ルルちゃんに似てるねえ」と言いながらボロボロ泣いていました。
周りの見物客も(あっ……)と察した顔でした。
愛犬を亡くした経験のある人が大半だったように思います。

帰り道、バブはくしゃみ連発。
同じ施設の別棟では、同時にキャットショーをやってたので、猫派のお客さんか出場者も歩いていたせいでしょう。
バブは猫アレルギーなのです。
猫嫌いではないんですよ。
そういう体質です。
だから涙が出たのは猫アレルギーのせい!と言ってましたが、まあそういうことにしておいてあげましょう。

ショーは商売と直結していて、出場すれば目立つし、受賞すれば箔がつくので、高慢な人やギラギラしてる人もそれなりにいますw
そこんとこを割り引いても、私とバブは行って癒されたし、楽しかったです。

触れ合い動物園ではないので、ペットを連れて来ているお客さんに話しかけて軽く撫でさせてもらう感じですが、犬が幸せそうなのは私も嬉しいです。
モフモフ成分補給できてよかった。
撫でさせてくれてありがとう。

スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク