FC2ブログ

ぼくは居るですよ

2018.10.31.10:32

ルルですよ。
母ちゃんはぼくをぽんぽんブローチに乗せたつもりで
出かけるときもいつも一緒にいるです。
だからぼく母ちゃんのことは心配無いです。

だけど父ちゃんは、ぼくが本当に居なくなったと思って
しょっちゅう悲しんでいるですよ。

今朝も父ちゃんはめそめそウジウジしてたです。
まだペットロスですかね。

それでぼく一念発起して、玄関のセンサーライトを点けたです。
誰もいない玄関に明かりをつけたですよ。

生身の犬だった頃は、ぼくが玄関に行っても点灯しないよう
センサーの下半分を隠しておいたです。
ぼくが死んだ後もそれがそのままになっているですから、
ぼくは飛んでいないとセンサーにかかりません。

だからちょっと難しかったですが、
ぼくが居ることを父ちゃんに知らせるためには、
物理的な証拠を目の前で見せる必要があったです。

この頃父ちゃんはストレスとか色々なことで
目眩を訴えたりしていたですからね、
ぼく心配していたですよ。

父ちゃんはこれで信じる気になったと思うです。
地球人類の現実は、思ってる通りになるです。
想像は創造するです。

父ちゃんはペットロスの世界を自分で作って
自分から入り込んでいたです。
母ちゃんはぼくが何処にでも居る世界を自分で作って
実際その通りにしているです。

何を選んでも自由ですが、
父ちゃんと母ちゃんは同居しているですから
あまりにも世界がかけ離れていると
同居が困難になるですよ。

だからぼく楽しい方に軌道修正すればいいと思って
頑張ってセンサーライトを点けたです。

父ちゃんは楽しい気持ちで玄関を出てお仕事に行ったです。
そしたら、マンションのすぐ外で
長年のぼくのライバル犬に会ったです。
おじいさん犬になっているけれども
セーターを着て元気に歩いていたそうですよ。
それを見た父ちゃんは、朝から心が和んだです。

ぼくが居ると思ったら居るです。
ぼくはもう居ないと思ったら消えてるです。

でも、ぼくに依存するのは無しでお願いするです。
ベタベタされるのは好きではないテリア犬です。
でも、いつも近くにいるですよ。



【無人なのにセンサーライト点灯】
普通の感覚ではオカルト系案件とされるが
我が家では「ルルちゃんが来た!」という瑞兆。

【冷蔵庫付近で音がする】
【台所や脱衣所のマットが乱れている】
【白い毛や白い綿ぼこりが落ちている】
というのも、ルルが来たという吉兆。
冷蔵庫の老朽化、掃除が雑、という有力な説は
我が家ではあからさまに無視される。
なお、掃除機はルルの敵ということで、
我が家では必要最低限以下の使用に限られている。

スポンサーサイト

comment

Secret

(トンデモ的に)面白い

2018.10.31.18:59

きっとルルちゃんは居る。
父ちゃんと母ちゃんがちゃんと天命を果たせるよう
見守っているね。

ですよね!

2018.10.31.19:10

居るよねー(o^^o)
プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク