FC2ブログ

ルルの和歌山散歩 5【神さまは見ているです】

2018.10.20.09:47

和歌山散歩 4【和歌の浦】の続きです

お次は和歌浦天満宮ですよ。
学問の神様である菅原道真が祀られているですね。
大宰府天満宮、北野天満宮とともに日本の三菅廟といわれるですよ。
ということは、母ちゃん、三官廟制覇ですよ。

でも、凄い石段ですね……

石段の凄まじさに震えるですよ……
道後の伊佐爾波神社より怖い石段ですね……

石段の一段一段が狭くて、段差にバラツキがあって、怖いですよ。
石のことを考えて怖さを紛らわすです。

紀州の青石がふんだんに使われているです。
緑色で縞模様が面白い石ですよ。
お城の石垣や石畳、庭石、石碑などに使われるです。
昔からのブランド石で、伊予~阿波~紀伊~伊勢で採れるです。

登りきったら素敵な景色です!

楼門がまるで額縁のようです。

せっかくだからご挨拶するです。

犬さんもいるです。


登るよりも降りる方が怖いです。
行きは良い良い帰りは怖い……♪
ここは細道ではないですが……怖いですね!

まるで崖っぷちですよ。

和服のでりあさんは、帰りは横の緩やかな石段を使ったです。
ひと考えしたみゆさんも、緩やかな石段。
母ちゃんとぼくは何も考えず正面から。
りーちゃんもつられて正面から降りたです。
性格の違いが出るですね。


次は、隣の紀州東照宮に行こうと思ったです。
ところが、紀州東照宮は駐車場代が要るです。

余裕で歩いて行けるです。
この和歌浦天満宮は無料です。
だから、ここに車を置きっ放しにしておいて
歩いて隣の東照宮を見物して、
何食わぬ顔で戻って駐車場代をケチる作戦だったです。

ところが、駐車場に戻ってみると、
神社の中の人(神職)たちが3人もいるです。
にこやかに挨拶をしたですが、
りーちゃんとでりあさんは困惑顔です。

(おかしい、いつもは誰も居ないのに…)
(ヤバい、このまま車置いて行かれへん……)
(めっちゃ見られてる……)
(悪いことはできひんねw)

みなさん、神さまはちゃんと見ているですよ。
セコいことを考えていても、全部お見通しです!

結局、紀州東照宮に行くのはやめて、
海を見に行くことにしたですよ。


学者魂のりーちゃんとでりあさんは、
車をどこに置いてどう行くか、といった細かい所まで
分単位のスケジュールを組んでいたですね。
でも、それを実行する力は欠けているですよ。

ここでは魂の役割「高位」の賢者魂母ちゃんが
大体の方向を決定していたです。
母ちゃんは大まかな思いつきを口に出すだけ。
「海が見たい」とか言うだけ。
一番気楽で無責任なポジションです。

そこに詳細な希望を職人魂のみゆさんが加えるです。
「海の絶景を巡り、浜を散歩する」とか具体的です。

グリーンソフトを食べた直後、お腹が空いていないか訊かれた母ちゃんは「しばらくは平気」と答えたです。
それに「しばらくって、どれくらい?!」鋭いツッコミを入れたのが職人魂のみゆさんです。
同じ軸の賢者と職人ですが、賢者はフワッと大雑把、
職人は鋭く具体的な思考をするですね。
フワッと大雑把なのは、母ちゃんだからかもしれませんが……

学者魂のりーちゃんとでりあさんは
持てる知識を総動員して対応するです。
4人いたからこそ、和歌山散歩できているです。

和歌山散歩 6【まとめてみるです】につづく

スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク