FC2ブログ

ルルの和歌山散歩 4【和歌の浦】

2018.10.20.08:18

和歌山散歩 3【紅葉渓庭園】の続きです

海辺の絶景ポイント、和歌浦に車で移動ですよ。
奈良に都があった頃からの人気景勝地で、
万葉集に和歌浦が詠まれた歌が残っているです。

運転のりーちゃんは方向音痴ですからね、
ナビはでりあさんにお任せです。
ところがでりあさん、、

口では「次左です!」と自信たっぷりに言いながら
手はビシッと右を指しているです!


でりあさん、一体どっちですか?!
母ちゃんとみゆさんは大笑いだったです。

これは身口意の不一致ですからね
潜在意識からの重大なメッセージですよ。
みなさん、気をつけてくださいです!
ああ、でも母ちゃんたちは笑っているですから
ぼくの声が届いてないですね。


お昼ご飯は海が見えるカフェですよ。
和歌の浦アートキューブという芸術文化施設の2階にあるです。
和歌の浦カフェ マーレライ

ベジタリアンメニューのお洒落なカフェですよ。
しまなみ海道の見えるレストランを思い出したです。
美味しくいただいたです。

ここで、りーちゃんからお土産が……

愛媛お話会で話していた松葉パウダー
日月神示に松を食べると良いと書いてあったらしく
りーちゃんは松葉パウダーを買ったです。
ところが、あまりの不味さと臭気に悶絶!
それを聞いた母ちゃんは大爆笑。

その恨みを晴らすべく、りーちゃんは
わざわざオブラートに包んだ松葉パウダーを持参。
きっちり人数分用意していたですよ。
さすが学者魂、几帳面ですね。

りーちゃんを笑った手前、母ちゃんは飲んだです。
松葉パウダーの味と臭気を体験するために
敢えてオブラートを噛み切ったですよ。

ブフォッ!!

強烈な渋みとエグ味、何とも言えない臭気です。
母ちゃん、涙目。

でも、慣れたらクセになるかも……?!

アホの賢者魂母ちゃんはしっかり味わったです。
学者魂でりあさんも、データ収集のため味わったです。
職人魂のみゆさんは要領良くオブラートごと丸呑み。

同じ松葉パウダーを前にしても、それぞれ態度が違うですね。

松葉パウダーに興味のある方がおられたら、
母ちゃんに問い合わせてくださいです。
在庫を抱えているりーちゃんに分けてもらえるかもですよ。


カフェのすぐ近くに不老橋が見えるです。
江戸時代に架けられたアーチ状の石橋ですよ。


そのすぐ隣には神社があるですね。

さらにすぐ隣にも神社があるですから、
まずは内陸側からお参りするです。
玉津島神社です。
七五三のご祈祷が始まるところだったです。
とても可愛い着物姿の女の子がいたですよ。

ぼくたち歓迎してもらったようで嬉しいですよ。
それと、神社の裏に野生化したリスがいたです!
ぼく生身の犬だったらリス狩りをするですよ!
楽しそうですね!


お隣は塩竈神社ですよ。

不思議な感じのする神社ですよ。

巨大な岩そのものが神社になっているようです。
お参りしたあとは、お母さんのお腹の中から出てくるときみたいだったです。
子授けと安産の神さまですからね、そんな気がしたですね。


初代藩主が海を見るために建てた海観閣は、、

台風で橋が壊れて見に行けなくなっているです!

徳川の殿様が建てた木造建築も昭和の台風で倒壊したですからね、和歌山は台風の通り道ですね。


万葉集に玉津島を詠んだこんな歌があるですよ。

玉津島 見れども飽かず いかにして
 包み持ち行かむ 見ぬ人のため


ルル解釈:玉津島って、いくら見ても飽きないです。見てない人のために包んで持って帰りたいですよ。どうやってこの絶景を伝えたらいいですかね?

和歌山散歩 5【神さまは見ているです】につづく


スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク