FC2ブログ

ルルの和歌山散歩 2【和歌山城】

2018.10.18.16:38

和歌山散歩 1【母ちゃん危機一髪!?】の続きです

和歌山城の駐車場で大阪組と合流したです。
城攻めですよ、えい、えい、おーー!

とても良いお天気です。
眩しくてスマホの画面が見えないほどです。





和歌山と言えば、紀州の梅!
父ちゃんと母ちゃんが好きな梅干しの元です。

ぼく犬ですからね、あんな酸っぱくてしょっぱいモノを喜んで食べる地球人類の気が知れないですよ。

再建された天守ですよ。
手前の桜が咲いていると、ベスト撮影ポイントですね。

国宝だったお城は昭和20年の和歌山大空襲で焼け落ちてしまったです。
昭和33年に鉄筋コンクリートで再建されたですよ。


城内は昭和の香り高い建築で、資料館のようです。
徳川御三家の殿様が住んでいた資料や道具が展示してあるです。
甲冑と武器が多めですね。

陣羽織や旗印に目をつけた母ちゃんとでりあさんは、
縫い目の美しさ、仕事の丁寧さを讃えているですよ。
殿様の旗印のために、選りすぐりの縫い物上手が縫ったと思うですが、時を超えて残るものは素晴らしいですね。
母ちゃんはいつも適当でガタガタの縫い目ですからね
昔のお針子さんの爪の垢を煎じて飲むといいですよ。


平日なのに、お客さんが次第に増えてきたです。
やっぱり城好きは他にもいるですね!

天守最上階からは市内と海が一望にできるです!


カラスさんも挨拶してくれたです。


地図の赤いマークのところが和歌山城です。

海上交通に便利な場所のようですね。
台風がよく通るですが、温暖で魚が美味しい土地です。
和歌山県には高野山と熊野三山もあるですから
霊的にも重要な場所でもあったですかね。

淡路島も見えるです。
その向こうには四国も見えるそうですよ。
母ちゃんは目と頭が悪いですから、
はて、どれが淡路島でどれが四国かのう?
などと一人でブツブツ言ってたですよ。



天守の中は、こんな照明です。

手毬を象った照明です。
(参考資料 紀州手まり)

手まりは紀州の伝統工芸品ですよ。
西條八十の「まりと殿様」の童謡で有名になったそうです。
それで手毬のモチーフがあちこちにあるですね。


ところで、昭和の鉄筋コンクリート造りを有難がらない人もいるですよ。
母ちゃんも以前はそうだったです。
現存天守以外は有り難みが薄いと思っていたです。

でも、いくつかお城を見学して少し考えが変わったです。

鉄筋コンクリート造りの再建
中津城(大分)、杵築城(大分)、小倉城(福岡)、名古屋城(愛知)、和歌山城(←今見てる)

木造再建
名古屋城本丸御殿(愛知)、大洲城(愛媛)

現存
彦根城(滋賀)、姫路城(兵庫)、松山城(愛媛)、宇和島城(愛媛)

石垣・遺構のみ
湯築城(愛媛)

その他
二条城(京都)
↑あちこちから移築。国宝指定の建物もあるが城としての連続性は無い。

建築当時の姿で残っているのは、それだけで歴史的価値があるです。
でも、再建された城が劣るとか貶す理由にはならないです。
ひとつひとつ比べようが無いと思ったからです。


和歌山城再建当時の白黒写真を見たです。
市民が大勢詰めかけていた様子が分かったです。

お城は先祖代々、市民の誇りだったと思うです。
それが空襲で焼け落ちて、がっかりしたと思うです。
日本の誇りと尊厳が損なわれたです。

辛うじて石垣だけは残ったです。
不幸中の幸い、爆撃空襲ではありませんでした。
焼夷弾だったから、燃えただけで済んだです。

昭和33年。
お城が焼け落ちてからたったの13年で和歌山城天守は再建されたです。
当時の最新の鉄筋コンクリート製です。


今度のお城は焼け落ちてしまうことはないでしょう。
市民の心は、燃えないお城を見て慰められたと思うです。
先祖代々受け継いできた、日本人の誇りと尊厳の象徴としてのお城を、最新鋭の技術で蘇らせたですからね。

そりゃあ、価値としては木造の方が上と思うです。
伝統工法で元通りにするのが最高です。
でも、木造で再建するには時間もお金もかかるです。
生活が再建して、ようやくゆとりが出てきた時代だとは思うですが、お城丸ごと木造再建するほどの余裕はまだ無かったと思うです。
建築基準法などの問題もあったかもしれないです。


それと、ぼくの個犬的な想像ですが、昭和33年という時代には、もしかすると木造よりも鉄筋コンクリートに有り難みを感じる人が多かったかもしれないです。
空襲で焼け出された記憶を持つ人が大勢いたに違いないからです。


当時の日本人の心をあれこれと想像してみたら、
鉄筋コンクリート造りも味わい深いと思うようになったです。

和歌山城は今年で再建60年の還暦ですよ。
お祝いの年ですね。


百名城アプリのスタンプもゲットしたで!


和歌山散歩 3【紅葉渓庭園】につづく

スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク