FC2ブログ

ルルの愛媛旅行 18[母ちゃん、カバンを忘れる]

2018.10.12.07:05

17[しまなみ海道を行くです]の続きですよ

今治駅では待ち時間ゼロで特急に乗れたですよ。
事前に調べていたわけではありませんが
今回もすごいタイミングですね。

蜜柑色の電車ですよ。

ルルちゃん、嬉しそうやねぇw



ところが、特急が動き出してから
大変なことに気がついたです。

母ちゃん、カバンは何処ですか?
ん? あ、あれ??
ミモリさんの車の荷室に忘れたですよ!

母ちゃんの着替えを入れておいた手提げカバンです。
特急は既に動いているですよ。

まあ、慌てても仕方がない。
とりあえずミモリさんにメールと電話をして、
夜にミモリさんと合流すると言ってたSさんにも
事情を説明するメールを送っておこう。

母ちゃん、意外と冷静ですね。
いやあ、こういうことは、たまにあるからね!

母ちゃん、やらかし慣れてるですか?
これは嫌な「慣れ」ですね。
ぼくは改善を要求するですよ。

それに、ミモリさんの車で助かったよ。
どこかに落としてたとしたら、何処にあるか分かんないもん。
カバンの在り処が確実に分かっているなんて
すごく安心できるだろう?


やれやれ、母ちゃんには困ったものですね。

どうせ特急は次の駅にしか停まらへんのやから
今からどう動くのがベストか考えたらエエんや。

そうですね、今出来る最善を尽くすです。

このあたり、賢者魂の本領発揮ですかね?


母ちゃんはミモリさんと電話とメールでやりとりをしたです。

プランA(ミモリ提案)
次の特急停車駅へミモリさんが荷物を届ける
・不確定要素が多すぎる(車で何分かかるか不明)
・ミモリさんの負担が高すぎる
・ミモリさんと合流するSさんを必要以上に待たせることになる
却下!

プランB(母ちゃん提案)
今治駅の駅員さんにミモリさんがカバンを預け、
母ちゃんは次の駅で折り返し、取りに行く

・お互いの時間と動きに無駄が少ない
・ミモリさんに動いてもらう必要がある
・駅員さんの無駄な仕事が増える
JRの規定でお預かり不可!

プランC
母ちゃんが今治駅に戻るまでミモリさんに待っていてもらう
・一番シンプルな方法
結局こうするしか無く、採用!

実は、プランDもあったです。
荷物を宅配便で自宅に送ってもらう
でも、送料とミモリさんの手間がバカらしいので
思いついた瞬間、速攻で却下した案ですよ。
しかしながら、もし乗っていた電車が終電だったら
仕方なくこのプランDになっていたかもです。

さらに、プランEもあったです。
翌朝母ちゃんが今治駅でミモリさんからカバンを受け取る
・ミモリさんを振り回すことになる
・母ちゃんはついでに今治観光ができる
・母ちゃんは今治から空港に向かえば良い
これも口に出してはいませんでしたが、
全てのプランがダメなら提案していたです。


母ちゃんは電話とメールで平謝りだったですが
今治駅に折り返し可能な時間を調べて連絡したです。

母ちゃんが乗ったのは、特急いしづち17号です。
次の停車駅は伊予北条です。
そこから次の電車で折り返すしかありませんよ。

17:45 今治発(特急いしづち17)←今乗ってる
18:14 伊予北条着

18:28 伊予北条発(普通 今治行)
19:11 今治着

これより早い電車はありませんね。
ミモリさんとSさんには申し訳ないですが、
母ちゃんが戻るまでに1時間半も待たせてしまうことになったです。
心からお詫びするです。

こんなことなら、最初から母ちゃんも
Sさんと合流すればよかったかもしれませんね?
でも、その時は思いつかなかったですよ。
いつも行き当たりばったりでも
それなりに何とかなってきたですから
ぼくと母ちゃんの運の強さを信じるですよ。

それに、いつも完全にノープランではなく、
その場その場で常に何通りか考えているです。
コレがダメならアレにしよう、
こっちが良ければあっちはやめよう、
という程度の軽いプランに過ぎませんが
常に手持ちのカードは複数用意しているです。

その中から可能な限りベストなものを選ぶです。
消去法で残ったものを選ぶしかない事もあるですが
今何が自分にとって一番大切なのか?
これがぼくと母ちゃんは常に明確ですから、
選ぶのは簡単だし、後悔もありません。

ま、明確だといっても、
それが正しいかどうかはまた別w


そこは、人それぞれですね。


特急は伊予北条に到着したです。
さあ、折り返すですよ!

19[お助け部隊、見参!]につづく

スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク