FC2ブログ

順番に

2018.09.10.18:26

母が毒親になった過程がちょっと分かった
ような気がするので順番に書いてみます。
祖父の代から書く必要があるので
ちょっと長くなるかもしれませんが。


代々村長をしていた家の長男として
喧嘩や争いが苦手なタチの祖父誕生。
祖父、タチのまま素直に育つ。

祖父の青年期に太平洋戦争勃発。
祖父の叔父や従兄が戦死する。

戦闘行為に参加したくなかった祖父、
非国民呼ばわりされることなく戦闘を避けるため
公務員になって満州に渡り役所勤めをする。

祖父、満州で終戦を迎える。
民間人の日本人女性と子供たちと共に帰国。

地元の名士として終戦後も公務員を続ける。
子供を救ったことから教育関連か?(推測)

平和になってから祖母と結婚するが
曽祖母が嫁いびりを開始。
おとなしい祖母は姑である曽祖母に逆らえず
家庭が険悪な雰囲気になる。

争いごとに耐えられない祖父、
仕事に没頭することで嫁姑問題から逃避。

長女として母が誕生。
曽祖母が人形のように育て、
嫁へのあてつけも兼ねて母を盛大に甘やかす。

母は曽祖母を「母親」だと思い込み、
祖母を「お手伝いさん」だと思い込み、
周りの人間を家来だと思い込むDQNとなる。

仕事に没頭していた祖父が教育長となる。
ますます忙しくなり、家庭のことはスルー。

母、教育長の娘として傍若無人ぶりを発揮。
甘やかされるばかりで努力を学んでこなかったため
ラクな方へ流れ、勉強など一切しなかったが
教育長の娘ゆえ、教師も母に逆らわず事なかれで放置。

母、中学時代から女番長として君臨する。

母、17歳で私を妊娠、
注目されていい気になり、出産。
母の素行不良で祖父は教育長を辞任。

私が誕生すると、注目が全て私に移ってしまい
赤ん坊を優先しろと説教されたりする。
(後年、説教されて面白くなかったと述懐)

それまでは姫扱いでチヤホヤされていた母、
何もしなくても注目される赤ん坊の私に嫉妬。
思い通りにならず、苛立ちを募らせる。

そもそも子供がデキなければよかったのに!と
私を逆恨みしながら18歳以降を過ごすことになる。

たまに無自覚で生霊を私に飛ばす(←今ここ)


私を恨むことが母の人生となってしまいました。

チヤホヤと姫扱いされて育ってきた女の子が
いきなり赤ん坊の母親になんてなれるわけがなかったのに
私は一体、母に何を期待していたのか……

こうやって順番に書いてみると、
今の私は命があるし、健康だし、
それだけで儲けものだと思えてきました。

確かに子供時代は大変でしたが
子供だったからこそ耐えられたのだとも言えるし
今になって思うと、良いとは言えないが
決して悪くもなかったのではないかと思います。


それにしても、祖母の心中がどんなだったのか
私には全くわかりません。
どんな考えを持ち、どんな気持ちでいるのか
全くわからない人なのです。
いつもニコニコ静かに笑っていたので、
嫁いびりされてたとか、全然知りませんでした。

まだ存命らしいのですよ、祖母。
会ってないので、従姉妹からの情報だけど
この人も謎エピソードがあるので、
いつか書いてみたいと思います。

スポンサーサイト

comment

Secret

同じことを

2018.09.11.00:35

私もしてます。祖父母はよく知らないので母中心だけど。
こうして文章化されるとよく分かりますね。

どうまとめようか悩んでいたので助かります。ありがとう。

母娘の関係はいろんな意味で深いねぇ・・・
死して猶、です。

祖母

2018.09.11.05:10

実に謎の人だね、その祖母。
登場人物全員の魂年齢を調べて冊子で記事にしようかな。
こちらで調べるけど。

親子の関係って

2018.09.11.06:42

どこの家でも色々あるのでしょうけれど
負の連鎖を止める人がぐれんに集まってるのかな。

でりあさんも記事にして下さると助かります。
母と祖母のこととなると、想像でしかないので
様々なケースが参考になります。

ウチの祖母が謎の女なのは昔からです。
子供の頃会った近所のお婆さんが祖母について
「あの曽祖母に仕えるなんて
余程の馬鹿か余程賢いか、どちらかしか無理」
と評したことがありました。

祖父が死んでから15年ほどになりますが
祖母と交流のある従姉妹によると
祖母の外見が全く変わってないどころか
むしろ少し若返っているようです。
ストレスが無くなったためでしょうか。
楽しい老後を過ごしてくれているといいな。
プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク